IFRS News 10/25/2013

  • Share

 

◆  IFRS Developments - IASBとFASBが新たな収益認識基準の審議を継続
   (2013年10月17日)

    国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)は、9月の
    合同会議で、新たな収益認識基準に関する一定の論点についてさらに審議
    することを決定しました。このため、最終基準の公表は2013年末以降にず
    れ込む可能性が高くなります。
    本稿では、9月の合同会議の要点、及び、引き続き審議される論点について
    解説しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/i8H23HH7ci0D_11369/ifrs_131025001.html

◆  IASBプロジェクト ポケットガイド(英文)の公表

    EYのウェブサイトで、IASBの現行のプロジェクト(2013年9月30日時点)の
    動向をまとめたポケットガイドが公表されました。
    2013年9月23日に更新されたIASBワークプランの要点や、金融商品、リース、
    収益認識、保険契約、及び料金規制事業の各プロジェクトについて取り上
    げています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/71G2i0H7ci0D_11369/ifrs_131025002.html
   (英文)[pdf:950KB]

------------------------------------------------------------------------
□■  IASB(国際会計基準審議会)■□

◆  第2回ASAF会議の概要

    2013年9月25、26日にロンドンで開催されたASAF会議(会計基準アドバイザ
    リー・フォーラム)の議事録がIASBのウェブサイトにて公開されました。
    開示、保険契約、リース、マクロ・ヘッジ会計、減損、概念フレームワーク
    などについて議論されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/hd3I20H7ci0D_11369/ifrs_131025003.html
   (英文)

    また、日本語での概要については、日本公認会計士協会(JICPA)、会計基
    準委員会(ASBJ)のウェブサイトでもご覧いただけます。
   (JICPAのウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/8kP82fH7ci0D_11369/ifrs_131025004.html

   (ASBJのウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/e94nJ8H7ci0D_11369/ifrs_131025005.html
    [pdf:315KB]

◆  IFRS財団評議員会議長のスピーチ(2013年10月16日)

    ドイツ、フランクフルトで開催されたIFRS財団評議員会の会議において、
    ミシェル・プラダ議長が「グローバルな会計基準に向けてのでこぼこな道
   (The bumpy path towards global accounting standards)」というテーマ
    でスピーチを行いました。IASBの作業については多くの議論があるが、欧
    州におけるIFRSによる利益は守らなければならないこと、及びIFRS財団と
    IASBとの協力が重要であることを強調しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/ifVhIiH7ci0D_11369/ifrs_131025006.html
   (英文)

◆  2013年10月の審議会の会議資料の公開(2013年10月18日)

    IASBが2013年10月29日から11月1日に開催する審議会の会議資料が公開さ
    れました。
    ウェブキャストの登録も開始されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/G9_akFH7ci0D_11369/ifrs_131025007.html
   (英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  ASBJとFASBが代表者による定期会合を開催(第15回会合)(2013年10月18日)

    ASBJとFASBは、2013年10月15日・16日に東京で第15回目の定期会合を開催
    しました。
    会合では、お互いの活動の最新状況を確認するとともに、各関係機関との
    連携について意見交換を行いました。また、IASBが現在審議している概念
    フレームワーク及びマクロ・ヘッジ会計について議論を行ったほか、FASB
    とIASBが現在共同審議しているリース及び保険契約についても議論してい
    ます。ASBJ とFASB は、引き続き、直面する課題や今後想定される懸案事
    項について意見交換していくことに同意しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/23xAe7H7ci0D_11369/ifrs_131025008.html

   (FASBのサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/9hGs6jH7ci0D_11369/ifrs_131025009.html
   (英文)

◆  第274回企業会計基準委員会の概要 Webcast公開(2013年10月18日)

    第274回企業会計基準委員会のWebcastが公開されました。
    主な議題は、IASBディスカッション・ペーパー「財務報告に関する概念
    フレームワークの見直し」へのコメント対応、IFRSのエンドースメント
    に関する作業部会における検討状況などです。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/FG6gD5H7ci0D_11369/ifrs_131025011.html

◆  ASBJ Newsletter 第35号の発行(2013年10月18日)

    ASBJ Newsletter第35号が発行されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/D2jQ2AH7ci0D_11369/ifrs_131025012.html
    [pdf:504KB]

◆  第271回及び第272回企業会計基準委員会の議事要旨の公開
   (2013年10月21日)

    第271回及び第272回企業会計基準委員会の議事要旨が公開されました。
   (第271回)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/7kYYKhH7ci0D_11369/ifrs_131025013.html

   (第272回)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/Jk7rIgH7ci0D_11369/ifrs_131025014.html

------------------------------------------------------------------------
□■ FASB(米国財務会計基準審議会) ■□

◆  FASB議長が経団連/FEI共催の会合でスピーチ(2013年10月16日)

    FASB議長ラッセル・G・ゴールデン氏が、2013年10月16日、東京で開催され
    た日本経団連及びFEI(財務管理者協会)日本支部共催の会合でスピーチ
    を行いました。
    スピーチでは、6月に経団連及び企業会計審議会がそれぞれ公表したペー
    パーの分析について言及しており、また、基準開発推進において日本と米
    国が連携してリーダーシップをとることが重要であると述べています。
    さらに、FASBとIASBの共同プロジェクトにおける主要基準のFASBの公表予
    定日についても触れており、収益認識は2014年の早い時期、金融商品(認
    識と測定、減損)は2014年中、リースは2014年末、及び保険はその後、と
    しています。
   (スピーチの詳細)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/GGeeDdH7ci0D_11369/ifrs_131025015.html
   (英文)[pdf:284KB]


------------------------------------------------------------------------
□■  EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  概念フレームワークの改訂に関する共同アウトリーチの開催

    EFRAGは、オーストリアの会計基準設定主体等とIASBと共同で概念フレーム
    ワークの改訂に関するアウトリーチを2013年11月5日にオーストリアの
    ウィーンにて開催することを発表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/7HlbcCH7ci0D_11369/ifrs_131025016.html
   (英文)

◆  IASBの改訂公開草案「リース」に対するコメントレターの提出
   (2013年10月15日)

    EFRAGは、IASBの改訂公開草案「リース」に対するコメントレターを2013年
    10月14日付で提出しました。
    EFRAGはコメントレターの中で、公開草案に対していくつかの懸念を表明し
    ており、特に、借手の会計処理に関する2つのモデルについては不同意、
    債権及び残存モデルは調査すべき問題をもたらすであろうこと、及び、提
    案された会計処理は複雑でありコストベネフィットの観点から簡略化の必
    要があることを述べています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/183963/eAuj0DH7ci0D_11369/ifrs_131025017.html
   (英文)