IFRS News 11/22/2013

  • Share

 

□■ IASB(国際会計基準審議会) ■□

◆  IFRS第9号「金融商品(ヘッジ会計、及びIFRS第9号、IFRS第7号、IAS第39号
    の改訂)」を公表(2013年11月19日)

    IASBは、2013年11月19日、IFRS第9号「金融商品(ヘッジ会計、及びIFRS
    第9号、IFRS第7号、IAS第39号の改訂)」(IFRS第9号(2013年))を公表
    しました。IFRS第9号(2013年)には、新たなヘッジ会計基準が織り込まれ
    ました。また、他のIFRS第9号の規定を適用することなく、自己の信用リス
    クに起因する損益を純損益ではなくその他の包括利益(OCI)で認識すると
    いう会計処理のみ選択適用することができるようになります。
    減損フェーズがまだ完了していないことから、2015年の1月1日では企業の
    準備期間は十分ではないと判断されたためIFRS第9号の強制適用日は設けら
    れていませんが、早期適用をすることは可能です。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/kGDxJCH7ci0D_11369/ifrs_131122001.html
   (英文)

    日本語での解説は、「IFRS Developments -新たなヘッジ会計基準の完成~
    IFRS第9号(2013年)」をご覧下さい。
    (弊法人ウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/9baliJH7ci0D_11369/ifrs_131122002.html

◆  確定給付制度:従業員拠出(IAS第19号の限定的修正)の公表
   (2013年11月21日)

    IASBは、2013年11月21日、「確定給付制度:従業員拠出(IAS第19号の限定
    的修正)」を公表しました。2014年7月1日に発効され、早期適用も可能です。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/j5EabBH7ci0D_11369/ifrs_131122003.html

    日本公認会計士協会(JICPA)のウェブサイトで、日本語の概要がご覧い
    ただけます。
   (JICPAウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/G4XU8HH7ci0D_11369/ifrs_131122004.html

◆  2013年11月のIASB審議会のアジェンダの公開(2013年11月12日)

    2013年11月20日から22日の日程で開催中のIASB審議会のアジェンダが公開
    されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/h8pdJDH7ci0D_11369/ifrs_131122005.html
   (英文)

◆  ミシェル・プラダIFRS財団評議員会議長がIFRSの完全適用の重要性について
    スピーチ(2013年11月12日)

    IFRS財団評議員会議長のミシェル・プラダ氏は、2013年11月12日に東京の財
    務会計基準機構(FASF)において、”A la carte accounting will not
    deliver globally consistent standards”(選択的な適用では首尾一貫し
    たグローバル基準は実現されない)というテーマでスピーチを行いました。
    プラダ議長は、真の比較可能性を確保するためには各国がIFRSの完全適用を
    目指す必要がある旨を強調し、また、日本がIFRSの進展に果たしてきた役割
    の重要性について述べました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/F5p9efH7ci0D_11369/ifrs_131122006.html
   (英文)

◆ 「2013 IFRS (Blue Book)」、「2013 IFRS (Red Book)」及び「A Guide
    through IFRS 2013」の改正について(2013年11月12日)

    IASBは、「2013 IFRS (Blue Book)」、「2013 IFRS (Red Book)」及び
   「A Guide through IFRS 2013」の改正を公表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/dDT4i4H7ci0D_11369/ifrs_131122007.html
   (英文)

◆  2013年12月の会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)会議のアジェン
    ダの公開(2013年11月15日)
    2013年12月5日、6日に開催されるASAF会議のアジェンダが公開されました。
    ウェブキャストの登録も開始されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/AF5E5KH7ci0D_11369/ifrs_131122008.html
   (英文)

◆  2013年11月のIFRIC Updateの公開(2013年11月21日)

    2013年11月のIFRIC Updateが公開されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/ae47A0H7ci0D_11369/ifrs_131122009.html
   (英文)
------------------------------------------------------------------------

□■ 新日本 / EY ■□
◆  IFRS Developments - 両審議会、最終版の収益認識基準の再審議を完了
   (2013年11月14日)

    本稿では、IASBと米国財務会計基準審議会(FASB)による、2013年10月の
    合同審議の内容について解説します。両審議会が新たな収益認識基準を公
    表するのは、2014年の第1四半期になる見込みです。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/CFylc2H7ci0D_11369/ifrs_131122010.html

------------------------------------------------------------------------
□■ 経団連 ■□

◆  IFRS任意適用に関する実務対応参考事例(2013年11月15日版)の公表
   (2013年11月15日)

    経団連は、IFRS実務対応検討会がとりまとめた、「IFRS適用に関する実務
    対応参考事例」(2013年11月15日版)を公表しました。前回の参考事例
   (2013年9月13日版)からのアップデートとして、「資産の減損」に関する
    事例が追加されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/IgsBDKH7ci0D_11369/ifrs_131122011.html
    [pdf:892KB]

------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  「IFRS対応方針協議会」及びIFRSの任意適用の積上げについて
   (2013年11月8日)

    2013年11月8日、IFRS対応組織である「アジェンダ・コンサルテーション
    に関する協議会」を「IFRS対応方針協議会」に改組することが公表され
    ました。今後、さらに日本が一体となったIFRSへの対応の強化を図るため、
    IFRSに関連する市場関係者の意見の集約等を行うことを目的としています。
    また、IFRSの任意適用の積上げに向けた各団体の取組みについての議論を
    行い、各参加団体より様々な取組みが行われていることが報告されました。

   (ASBJのウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/C3wY8dH7ci0D_11369/ifrs_131122012.html
    [pdf:111KB]

◆  第13回日中韓三カ国会計基準設定主体会議を開催(2013年11月11日)

    2013年11月6日、東京で第13回日中韓三カ国会計基準設定主体による会議
    が開催されました。本会議には、ASBJの西川委員長や、中国会計準則委
    員会(CASC)、韓国会計基準委員会(KASB)、及びIASBの代表者のほか、
    香港会計士協会、マカオ監査人会計士登録委員会からの代表者も含め、
    総勢30名を超える代表者が参加しました。また、会議の幾つかのセッショ
    ンには、IASBから他の者も参加しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/3EgD14H7ci0D_11369/ifrs_131122013.html


◆  第273回企業会計基準委員会の議事要旨(2013年11月15日)

    第273回企業会計基準委員会の議事要旨が公開されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/ahphIDH7ci0D_11369/ifrs_131122015.html

◆  新刊のご案内「国際財務報告基準(IFRS)2013 IFRS財団公認日本語版」(2013年11月20日)

    2013年11月27日発売の「国際財務報告基準(IFRS)2013 IFRS財団公認
    日本語版」の予約が開始されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/9ENukaH7ci0D_11369/ifrs_131122016.html

◆  第276回企業会計基準委員会の概要 Webcast公開(2013年11月20日)

    第276回企業会計基準委員会のWebcastが公開されました。「2013年12月
    会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)への対応」や「金融資産
    の減損に関するIASBの検討状況」等が審議されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/1CGH31H7ci0D_11369/ifrs_131122017.html

------------------------------------------------------------------------
□■ FASB(米国財務会計基準審議会) ■□

◆  FASB 40周年会議のメッセージ公開(2013年11月19日)

    FASB 40周年会議の音声ファイルとスクリプトが公開されました。主要な
    コンバージェンス・プロジェクトの完了の重要性等について述べた、
    ラッセル・G・ゴールデン議長のスピーチの音声ファイル等がダウンロー
    ド可能となっています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/dIgm7bH7ci0D_11369/ifrs_131122018.html
   (英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  IASB改訂公開草案「保険契約」に対するコメントレターの公開
   (2013年11月18日)

    EFRAGは、IASBの改訂公開草案「保険契約」に対するコメントレターを
    2013年11月15日付けで提出しました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/i0-aB1H7ci0D_11369/ifrs_131122019.html
  (英文)

◆  IASB改訂公開草案「リース」についてのフィールド・テストの結果を公表
   (2013年11月13日)

    EFRAGは、IASBの改訂公開草案「リース」について、2013年7月~8月に
    かけてフランス、ドイツ、イタリア、イギリスの各基準設定主体とともに
    フィールド・テストを実施し、その結果報告を公表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/ja0dc1H7ci0D_11369/ifrs_131122020.html
   (英文)

◆  IASB改訂公開草案「リース」に対するEFRAGのコメントレターについての
    フィードバック文書を公開(2013年11月18日)

    EFRAGは、2013年10月15日付けで提出した、IASBの改訂公開草案「リース」
    に対するコメントレターについてのフィードバック文書を公開しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/3Bf6ifH7ci0D_11369/ifrs_131122021.html
   (英文)


◆  IASB公開草案「農業:果実生成型植物」に対するEFRAGのコメントレター
    についてのフィードバック文書を公開(2013年11月13日)

    EFRAGは、2013年10月25日付けで提出した、IASBの改訂公開草案「農業:
    果実生成型植物」に対するコメントレターについてのフィードバック文
    書を公開しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/1E1m0eH7ci0D_11369/ifrs_131122022.html
   (英文)


------------------------------------------------------------------------
□■ ESMA(欧州証券市場監督機構) ■□

◆  ESMAがヨーロッパの金融機関におけるIFRS財務諸表の開示に関する報告書
    を公表(2013年11月18日)

    欧州証券市場監督機構(ESMA)は、「Review of Accounting Practices -
    Comparability of IFRS Financial Statements of Financial Institutions
    in Europe」を公表しました。
    本報告書は、上場金融機関の2012年度IFRS財務諸表の開示における、比較
    可能性および品質に関する報告書であり、信用リスク等の特定の主要分野
    における開示の改善により、財務諸表の透明性を強化することを目的とし
    ています。
    ESMAは、IFRSに基づく開示要求は概して順守されているものの、提供され
    た情報の品質に大きくばらつきがあり、金融機関の間での比較可能性が不
    十分な場合があったと述べています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/186494/HfHd2JH7ci0D_11369/ifrs_131122023.html
   (英文)