IFRS News 11/8/2013

  • Share

 

□■ 金融庁 ■□

◆  IFRS任意適用要件を緩和する連結財務諸表規則等の改正(2013年10月28日)

    金融庁は2013年10月28日、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関
    する規則等の一部を改正する内閣府令」等を公布・施行しました。この改
    正により、IFRSの任意適用が可能な会社の要件が緩和され、上場企業であ
    ること及び国際的な財務活動・事業活動を行っていること、という要件が
    削除されました。また、各四半期又は上半期からでもIFRSに基づく四半期・
    中間連結財務諸表の作成を可能とし、これを踏まえて、開示府令について
    も所要の改正が行われました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/4BwA1CH7ci0D_11369/ifrs_131108001.html

------------------------------------------------------------------------
□■ 日本取引所グループ ■□

◆  新指数「JPX日経インデックス400」の算出・公表開始について
   (2013年11月6日)

    JPXグループ(日本取引所グループ及び東京証券取引所)と日本経済新聞
    社は、新指数「JPX 日経インデックス400」を共同開発し、その内容を11
    月6日付けで公表しました。新指数は資本効率を示す自己資本利益率(ROE)
    などに基づいて選ばれた投資家にとって投資魅力の高い銘柄で構成される
    ことを特徴としていますが、IFRSの採用など定性的指標も加味されます。
    この新指数は、2013年6月に自由民主党が公表した「国際会計基準への対
    応についての提言」において、IFRS適用拡大に向けた実効性のあるインセ
    ンティブの一つとして新指数「グローバル300社(仮称)」の創設が提案
    されたことを受けて開発されたものです。
   (東証のウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/e62D9CH7ci0D_11369/ifrs_131108002.html

------------------------------------------------------------------------
□■ 新日本/EY ■□

◆  IASBワークプランの更新(2013年11月5日)

    IASBワークプランが、2013年11月5日付で更新されました。
    収益認識の新基準の公表が2013年第4四半期から2014年第1四半期に延期さ
    れるなど、複数の更新がありました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/B0r8FcH7ci0D_11369/ifrs_131108003.html

◆  IFRS実務講座 - IFRS適用時の表示・開示上の留意点(2)-重要な会計方針
    及び財務諸表本表の特徴(2013年10月31日)

    本稿では、重要な会計方針及び本表の特徴について、IFRSを適用している
    Fortune Global 500社の中から、国や業種を考慮して選んだ30社の公表済
    財務諸表の分析結果や日本基準との主な差異等を解説しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/79cFFIH7ci0D_11369/ifrs_131108004.html

◆  IFRS Developments - IASBとFASBが新たな収益認識基準の審議継続を決定
   (2013年11月)

    国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)は、10月
    の合同会議で、新たな収益認識基準に関する論点についてさらに審議する
    ことを決定しました。このため、11月5日付の最新のワークプランでは、
    最終基準の公表は2014年第1四半期以降に変更されました。
    本稿では、10月の合同会議の要点、及び、引き続き審議される論点につい
    て解説しています。
   (EYグローバルのウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/HjlraiH7ci0D_11369/ifrs_131108005.html
   (英文)[pdf:113KB]

◆  その他の刊行物 - 改訂公開草案「リース」の不動産セクターへの影響
   (2013年10月)

    本稿では、改訂公開草案「リース」の不動産セクターへの影響について解
    説されています。
   (EYグローバルのウェブサイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/7AcMkhH7ci0D_11369/ifrs_131108006.html
   (英文)[pdf:1.44MB]

------------------------------------------------------------------------
□■ IASB(国際会計基準審議会) ■□

◆  IASB Update(2013年10月)の公表(2013年11月5日)

    2013年10月のIASB Updateが公表されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/6gxAaDH7ci0D_11369/ifrs_131108007.html
   (英文)

◆  国際会計基準(IFRS)財団モニタリング・ボードによる憲章とMoUの改訂に
    ついて(2013年10月31日)

    2013年10月31日、IFRS財団モニタリング・ボードは、2012年2月9日に公表
    したIFRS財団のガバナンス改革に関する最終報告書を踏まえて、検討を進
    めてきた「モニタリング・ボード憲章」および「IFRS財団の枠組み強化の
    ための覚書(MoU)」の改訂版を公表しました。
    メンバー要件及び評価プロセス、及び既存メンバーの定期的見直しに関す
    る結果が、別添として憲章に追加されました。

    日本語のニュースについては、以下のサイトをご参照ください。
   (日本公認会計士協会(JICPA)サイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/I6KMbEH7ci0D_11369/ifrs_131108008.html

◆  ドイツ、フランクフルトで開催されたIFRS財団評議員会会議でのミシェル・
    プラダ議長のスピーチを公開(2013年10月25日、28日)

    ドイツ、フランクフルトで開催されたIFRS財団評議員会会議でのミシェル・
    プラダ議長のスピーチ及びドイツ会計基準委員会と共同開催したステーク
    ホルダー向けイベントで行われたパネルディスカッションのビデオが公開
    されました。

   (ミッシェル・プラダ議長のスピーチ)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/91ScceH7ci0D_11369/ifrs_131108009.html

   (パネルディスカッション)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/GHdMf0H7ci0D_11369/ifrs_131108010.html
   (英語)

◆  DPOC(デュー・プロセス監視委員会)会議レポートを公開(2013年10月30日)

    IASBは、ドイツ、フランクフルトでのDPOC(デュー・プロセス監視委員会)
    会議レポートを公開しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/92Bfj0H7ci0D_11369/ifrs_131108011.html
   (英文)

◆  IFRS解釈指針委員会の開催(2013年11月7日)

    2013年11月12日、13日に開催されるIFRS解釈指針委員会の会議資料が公開
    されました。ウェブキャストの登録も開始されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/ba1ohFH7ci0D_11369/ifrs_131108012.html
   (英文)

◆  IFRS諮問会議の会議レポート公開(2013年11月7日)

    2013年10月14日、15日に開催されたIFRS諮問会議の会議レポートが公開さ
    れました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/K0PB18H7ci0D_11369/ifrs_131108013.html
   (英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ JICPA(日本公認会計士協会) ■□

◆  IASB公開草案「保険契約」及び「農業:果実生成型植物(IAS第16号及び
    IAS第41号の修正案)」に対する意見について(2013年10月28日、29日)

    JICPAは、2013年6月に公表されたIASBの公開草案「保険契約」及び、
   「農業:果実生成型植物(IAS第16号及びIAS第41号の修正案)」に対する
    コメントレターを、それぞれ2013年10月25日、28日付けで提出しました。
   (「保険契約」)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/EDy0i4H7ci0D_11369/ifrs_131108014.html

   (「農業:果実生成型植物(IAS第16号及びIAS第41号の修正案)」)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/F332HhH7ci0D_11369/ifrs_131108015.html

------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  第275回企業会計基準委員会の概要 Webcast公開(2013年11月1日)

    第275回企業会計基準委員会のWebcastが公開されました。
    IASB公開草案「保険契約」及びFASB公開草案「保険契約」へのコメント
    対応や、IASBディスカッション・ペーパー「財務報告に関する概念フレー
    ムワークの見直し」へのコメント対応、及び「IFRSのエンドースメントに
    関する作業部会」における検討状況が公開されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/K6g3EKH7ci0D_11369/ifrs_131108016.html

◆  IASB改訂公開草案「保険契約」、及びFASB会計基準更新書案「保険契約
   (トピック834)」に対するコメントの提出(2013年11月5日)

    ASBJは、IASB公開草案「保険契約」、及びFASB会計基準更新書案「保険契約
    (トピック834)」に対するコメントレターを、2013年11月1日付けで提出
    しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/4GKFheH7ci0D_11369/ifrs_131108017.html


------------------------------------------------------------------------
□■ FASB(米国財務会計基準審議会) ■□

◆  FASBが収益認識の基準の最終化を進める投票を実施(2013年11月6日)

    FASBは、IASBとの10月の合同会議を受けて、収益認識の基準の最終化を
    進めるための投票を行いました。投票による承認後、基準のドラフトが
    発行され、FASBの最終承認を経て発行されます。新基準は、2017年に公
    開会社、2018年に非公開会社に施行される予定です。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/iaSDdkH7ci0D_11369/ifrs_131108019.html
   (英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ AOSSG(アジア・オセアニア会計基準設定主体グループ)■□

◆  IASBの公開草案「保険契約」及び、「農業:果実生成型植物」に対する
    コメントレターの提出(2013年10月28日、11月4日)

    AOSSGは、IASBの公開草案「保険契約」及び、「農業:果実生成型植物」
    に対するコメントレターをそれぞれ2013年10月28日付、11月4日付けで提
    出しました。

   (「保険契約」)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/fdVqe2H7ci0D_11369/ifrs_131108020.html

   (「農業:果実生成型植物」)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/Di-xhbH7ci0D_11369/ifrs_131108021.html
   (英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  長期投資のビジネスモデルについて特定の財務報告要請に関する独自の
    調査を行いIASB及びEC(欧州委員会)へ書簡を提出(2013年10月25日)

    EFRAGは、IASB公開草案「分類及び測定:IFRS第9号の限定的修正」におけ
    る長期投資ビジネスモデル判定の内容について、パブリックコンサルテー
    ション等による独自の調査・分析結果に基づく提言をIASB及びEC(欧州委
    員会)に送付しました。

   (IASBへの書簡)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/0E-jggH7ci0D_11369/ifrs_131108022.html

   (ECへの書簡)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/FAHO5DH7ci0D_11369/ifrs_131108023.html
   (英文)

◆  IASB公開草案「農業:果実生成型植物」に対するコメントレターの提出
   (2013年10月28日)

    EFRAGは、2013年6月に公表されたIASBの公開草案「農業:果実生成型植物
   (IAS第16号及びIAS第41号の修正案)」に対するコメントレターを2013年
    10月25日付けで提出しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/kj2uafH7ci0D_11369/ifrs_131108024.html
   (英文)

◆  概念フレームワークの改訂に関する共同アウトリーチの開催
   (2013年10月31日)

    EFRAGは、ルクセンブルクの会計基準設定主体及びIASBと共同で、概念フ
    レームワークの改訂に関するアウトリーチを2013年11月26日にルクセンブ
    ルクで開催することを発表しました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/185186/bIaTGAH7ci0D_11369/ifrs_131108025.html
   (英文)