IFRS News 3/8/2013

  • Share

■ 公開草案「金融商品:期待信用損失」公表

IASBは、2013年3月7日、公開草案「金融商品:期待信用損失」を公表しまし
た。金融危機を背景になされた現行の発生損失モデルに対する批判に対処し、
期待損失モデルへの変更を提案しています。詳細は、弊社の以下サイトをご
覧ください。(日本語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/eIlEG9H7ci0D_11369/ifrs_130308001.html

■ モニタリング・ボード - メンバーの選定要件を決定(英語)

金融庁を含む当局者で構成されるIFRS財団モニタリング・ボードは、IFRS財団
のガバナンス改革に関する最終報告書を受け検討を進めていたモニタリング・
ボードのメンバーの適格要件及びその評価アプローチについて合意したことを
公表しました。また、現在モニタリング・ボードの暫定議長を務める金融庁の
河野正道 国際政策統括官を議長として選出した旨を公表しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/fbnh3jH7ci0D_11369/ifrs_130308002.html

※詳細は、IFRS Developments 2013年3月臨時号「モニタリング・ボード
- メンバーの選定要件を決定」をご覧ください。(日本語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/djUV5HH7ci0D_11369/ifrs_130308003.html

※金融庁のプレスリリース
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/6BQybJH7ci0D_11369/ifrs_130308004.html

■ 公開草案「デリバティブの更改(ノベーション)とヘッジ会計の継続(IAS第39
号及びIFRS第9号の改訂)」公表
IASBは、2013年2月28日、OTCデリバティブの取引相手を変更する場合のヘッジ
会計の中止に関する例外を設けることを提案する、上記公開草案を公表しまし
た。詳細は、弊社の以下サイトをご覧ください。(日本語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/e00j88H7ci0D_11369/ifrs_130308005.html

(本公開草案の和訳)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/G7WHJJH7ci0D_11369/ifrs_130308006.html

■ ワーク・プラン更新

IASBのワーク・プランが2013年2月26日付で更新されました。複数プロジェ
クトのスケジュールが変更された他、IAS第19号「従業員給付」(確定給付制
度への従業員拠出)の改訂に関するプロジェクトの新設などがありました。
詳細は、弊社の以下サイトをご覧ください。(日本語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/018TKkH7ci0D_11369/ifrs_130308007.html

■ IASB Update 2013年2月(英語)

リース、収益認識、ヘッジ会計、公正価値測定、料金規制事業、IAS第19号
「従業員給付」、IAS第41号「農業」、概念フレームワーク、年次改善につ
いてです。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/AetgeIH7ci0D_11369/ifrs_130308008.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ 新日本/アーンスト・アンド・ヤング ■□

■ IFRS Developments

◇ 第52号:両審議会、収益認識に関する開示、経過措置及び発効日を再検討
2013年2月に行われたIASBとFASBの共同審議の内容を解説します。新基準は、
2013年6月末までに公表予定であり、2017年1月1日以降開始事業年度から適用
開始となる見込みです。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/AKOB7gH7ci0D_11369/ifrs_130308009.html

◇ 2013年3月臨時号:モニタリング・ボード - メンバーの選定要件を決定
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/djUV5HH7ci0D_11369/ifrs_130308003.html

■ 不動産業に関するIFRS調査 - 現在の課題とサステナビリティ報告書及び財務
諸表に関する調査(2011/2012)(英語)

アーンスト・アンド・ヤングがヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、中東、
アジアの不動産会社40社について、2011年度末のIFRSに基づく財務報告書を対
象に行った調査結果を解説します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/0gvqdjH7ci0D_11369/ifrs_130308010.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ AOSSG(アジア・オセアニア会計基準設定主体グループ) ■□

■ 会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)のメンバーに立候補 (英語)
AOSSGがASAFメンバーに立候補する旨を表明したIFRS財団への文書が公表さ
れました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/jDbsc2H7ci0D_11369/ifrs_130308011.html

本文書には、AOSSG加盟国のIFRS適用状況をまとめた資料が添付されています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/163593/CazMF9H7ci0D_11369/ifrs_130308012.html