IFRS News 4/26/2013

  • Share

□■ IASB(国際会計基準審議会)■□  

■ ASAF(会計基準アドバイザリーフォーラム)の第1回会議の概要の公表 (2013年4月23日)

2013年4月8日と9日にロンドンで開催されたASAFの第1回会議の概要が公表さ
れました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/DdKdD5H7ci0D_11369/ifrs_130426001.html
(英文)

■ IFRS財団の評議員会の概要の公表(2013年4月23日)

2013年4月8日と9日にロンドンで開催されたIFRS財団の評議員会の概要が公
表されました。
本会議にて評議員は、日本では、複数の大手企業が既にIFRSを任意適用して
おり、また他の多くの企業も近い将来の任意適用を計画していることに言及
しています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/62I4fhH7ci0D_11369/ifrs_130426002.html
(英文)

■ デュー・プロセス監視委員会の報告書の公表(2013年4月23日)

2013年4月10日にロンドンで開催されたIFRS財団の評議員会の中で、デュー・
プロセス監視委員会の会議が開催され、その報告書が公表されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/2JEzh1H7ci0D_11369/ifrs_130426003.html
(英文)

■ IASBはRuss Golden氏のFASB(米国財務会計基準審議会)議長就任を歓迎
(2013年4月24日)

IASBのハンス・フーガーホースト議長はRuss Golden氏のFASB議長就任を歓
迎しコメントを公表しています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/4CpdBJH7ci0D_11369/ifrs_130426004.html
(英文)

■ IASBが公開草案「規制繰延勘定(Regulatory Deferral Accounts)」を公表
(2013年4月25日)

2013年4月25日、IASBは、公開草案「規制繰延勘定(Regulatory Deferral Accounts)」を公表しました。コメント期限は、2013年9月4日です。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/EjwFkbH7ci0D_11369/ifrs_130426005.html
(英文)

日本語による解説は、弊社のサイトをご参照ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/Ck8DkkH7ci0D_11369/ifrs_130426006.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ 新日本/アーンスト・アンド・ヤング ■□ 

■IFRS実務講座 - 子会社に対する支配の喪失とならない所有持分の変動の会計
処理に係る留意事項(2013年4月26日)

本稿では、IFRSにおいて、子会社に対する支配の喪失とならない所有持分の
変動の会計処理に関して、のれんの非支配持分への帰属について解説してい
ます。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/5aExddH7ci0D_11369/ifrs_130426007.html

■ 業種別IFRS解説 -(石油鉱業におけるIFRS)採掘産業における、シェールガ
スを含む非在来型資源の会計処理(2013年4月26日)

近年の原油価格の高騰、東日本大震災に起因したエネルギー政策の見直しの 影響により、多くのエネルギー関連企業が積極的に非在来型資源(シェール ガス等に含まれる超重質油)に対して投資を行っています。本稿では、非在 来型資源について簡単に説明した上で、上流部門のうち、探鉱および評価段 階、開発段階におけるIFRS上の会計処理の概要について、在来型資源と比較 しながら説明します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/ghORKdH7ci0D_11369/ifrs_130426008.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ 金融庁 ■□

■ 企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議の開催(2013年4月23日)

2013年4月23日、金融庁はIFRSの適用に関する企業会計審議会総会・企画調 整部会合同会議を開催しました。ASBJ(企業会計基準委員会)の西川委員長 よりASAFの第1回会議の報告の後、質疑応答が行われました。続いて、金融 庁より、国際会計基準への対応について当面検討すべき課題として任意適用 要件の緩和、IFRSのエンドースメント・プロセスの導入などの案が説明され、 議論が行われました。

会議資料は金融庁のサイトで公開されています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/jjgL60H7ci0D_11369/ifrs_130426009.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

■ ASBJ Newsletter 第32号の発行(2013年4月19日)

ASBJ Newsletter第32号が発行されました。
企業会計基準委員会の概要、IASBに対するASBJのコメント等が記載されて
います。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/60eX03H7ci0D_11369/ifrs_130426010.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ JICPA(日本公認会計士協会) ■□

■ IASB公開草案「共同支配事業に対する持分の取得(IFRS第11号の修正案)」
に対する意見について(2013年4月24日)

2012年12月13日にIASBから公表された公開草案「共同支配事業に対する持 分の取得(IFRS第11号の修正案)」に対して日本公認会計士協会(会計制 度委員会)から2013年4月23日付で意見が提出されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/g5UX9kH7ci0D_11369/ifrs_130426011.html

■ IASB公開草案「投資者とその関連会社又は共同支配企業の間での資産の売 却又は拠出(IFRS第10号及びIAS第28号の修正案)」に対する意見について (2013年4月24日)

2012年12月13日にIASBから公表された公開草案「投資者とその関連会社又 は共同支配企業の間での資産の売却又は拠出(IFRS第10号及びIAS第28号の 修正案)」に対して、日本公認会計士協会(会計制度委員会)から、2013年 4月23日付で意見が提出されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/DBfmBdH7ci0D_11369/ifrs_130426012.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ G20財務大臣・中央銀行総裁会議 ■□

■ 20財務大臣・中央銀行総裁会議の会議声明で、IASB及びFASBに対しコンバー
ジェンスプロジェクト作業の最終化を要請(2013年4月19日)

2013年4月18日から19日にかけてワシントンで開催されたG20財務大臣・中 央銀行総裁会議において、IASB及びFASBに対し、質の高い単一の基準を達 成するための主要な未決着のプロジェクトに関する作業を2013年末までに 最終化することの要請について再確認がなされました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/IkQhieH7ci0D_11369/ifrs_130426013.html
(英文)

会議声明の日本語(仮訳)については、財務省のサイトをご参照ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/A0NNKkH7ci0D_11369/ifrs_130426014.html

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

■ 開示フレームワークのディスカッション・ペーパーに対するコメントの概要
を公表(2013年4月24日)

EFRAG及びANC(フランスの会計基準設定主体)、FRC(英国財務報告評議会) は、2012年7月に公表した財務諸表の注記に関する開示フレームワークのディ スカッション・ペーパーに対して受領したコメントの概要を公表しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/22ifajH7ci0D_11369/ifrs_130426015.html
(英文)

■ 公開草案「IFRS第9号金融商品「分類及び測定」の限定的な改訂」に対して
EFRAGがコメントを公表(2013年4月25日)

2013年4月16日、EFRAGが公開草案「IFRS第9号金融商品「分類及び測定」の限 定的な改訂」に対するコメントを公表しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/168211/9gQhe7H7ci0D_11369/ifrs_130426016.html
(英文)