IFRS News 6/7/2013

  • Share

 

◆  IFRSウェブキャスト-公開草案「リース」の再公表(2013年6月7日)

    2013年5月16日、国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会
   (FASB)は、公開草案「リース」を再公表しました。本公開草案では、借手
    にほとんどのリースをオンバランスすることを求める使用権モデルが提案
    され、貸手におけるリースの会計処理にも影響が及びます。本公開草案の
    概要を動画で解説します。
   (再生時間18分14秒)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/agDp0fH7ci0D_11369/ifrs_130607001.html


◆  IFRS Developments-IASBがIFRIC解釈指針第21号「賦課金」を公表
   (2013年6月4日)

    2013年5月、IASBは、IFRS解釈指針委員会により開発されたIFRIC解釈指針第
    21号「賦課金」を公表しました。本稿では、本解釈指針の内容を解説します。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/0gOcD6H7ci0D_11369/ifrs_130607002.html
    [pdf:216KB]

◆  IFRS Developments-収益認識 - クレジットカードのポイント制度及び経過
    措置(2013年6月6日)

    本稿では、IASBと米国財務会計基準審議会(FASB)の収益認識に関する2013
    年5月の審議の内容(クレジットカードのポイント制度と経過措置)につい
    て解説します。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/cIvujJH7ci0D_11369/ifrs_130607003.html
    [pdf:276KB]

------------------------------------------------------------------------
□■ IASB(国際会計基準審議会)■□
 
◆  IFRS財団がグローバルでのIFRS適用に向けた進捗評価の取り組みの第一段階
    を完了(2013年6月5日)

    IFRS財団はグローバルでのIFRS適用に向けての進捗を評価する重要な取り組
    みの第一段階を完了し、G20の20カ国とその他46カ国の計66カ国におけるIFRS
    適用に関する情報を公表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/01IjA0H7ci0D_11369/ifrs_130607004.html
   (英文)

    日本語での解説については、以下のサイトをご参照ください。
   (日本公認会計士協会(JICPA)サイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/c3fjIcH7ci0D_11369/ifrs_130607005.html


◆  IASBが公表するワーク・プランの更新(2013年5月30日)

    IASBが公表するワーク・プランが2013年5月30日付で更新されました。リース
    の再審議が2013年第4四半期に予定されるなど、複数の更新がありました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/3dQcbbH7ci0D_11369/ifrs_130607006.html
   (英文)

    日本語での解説については、以下のサイトをご参照ください。
   (弊社サイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/bjBX42H7ci0D_11369/ifrs_130607007.html


◆  IASBが財務報告開示に関するディスカッション・フォーラムのフィードバック・
    ステートメントを公表(2013年5月28日)

    IASBは、2013年5月28日に、財務報告開示に関してIASBが主催したフォーラムに
    おける議論を要約したフィードバック・ステートメントを公表しました。同時
    に、IASBは、財務報告開示の質及び量についての継続した懸念に対処するため
    に、作成者、規制機関、会計専門家及びIASBによる共同の取組において、触媒
   (catalyst)としての役割を望んでいることを示唆しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/i1M8ceH7ci0D_11369/ifrs_130607008.html
   (英文)

    日本語での解説については、以下のサイトをご参照ください。

   (弊社サイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/kgsv7JH7ci0D_11369/ifrs_130607009.html


◆  IASBが「非金融資産の回収可能価額の開示(IAS第36号の修正)」を公表
   (2013年5月29日)

    IASBは、2013年5月29日に「非金融資産の回収可能価額の開示(IAS第36号の
    修正)」を公表しました。2011年5月にIFRS第13号「公正価値測定」が公表さ
    れたことにより、IAS第36号「資産の減損」の開示規定の一部が改訂されまし
    たが、今回の修正はこの改訂箇所の一部を変更するものです。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/2esghHH7ci0D_11369/ifrs_130607010.html
   (英文)

    日本語での解説については、以下のサイトをご参照ください。
   (弊社サイト)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/aJfRdHH7ci0D_11369/ifrs_130607011.html


◆  2013年5月のIASB Updateの公表(2013年5月30日)

    2013年5月のIASB Updateが公表されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/kimE3IH7ci0D_11369/ifrs_130607012.html
   (英文)


------------------------------------------------------------------------
□■ FASB(米国財務会計基準審議会)■□ 

◆  米国財務会計基準審議会(FASB)次期議長のラッセル・G・ゴールデン氏が、
    FASBの優先課題についてスピーチ(2013年5月30日)

    5月30日に米国カリフォルニア州パサディナで開催された米国証券取引委員会
   (SEC)と財務報告研究所の第32回年次会議において、FASBの次期議長の
    ラッセル・G・ゴールデン(Russel Golden)氏が、スピーチを行いFASBの現
    在及び今後の課題について自らの見解を示しました。
    ゴールデン氏は、FASBとIASBのコンバージェンス・プロジェクトについて
   「非常に重要(critically important)」であり、最優先事項であると述べ
    ました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/3CefD4H7ci0D_11369/ifrs_130607013.html
   (英文)


------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  第263回及び第264回企業会計基準委員会の議事要旨 (2013年5月29日)

    第263回及び第264回企業会計基準委員会の議事要旨が公開されました。
   (第263回)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/84xt8IH7ci0D_11369/ifrs_130607014.html
   (第264回)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/gENAAkH7ci0D_11369/ifrs_130607015.html


------------------------------------------------------------------------
□■ 金融庁■□ 

◆  IFRS適用に関する企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議の開催
    (2013年5月28日)

    2013年5月28日、金融庁は、IFRSの適用に関する企業会計審議会総会・企画調
    整部会合同会議を開催し、IFRS任意適用要件の緩和、IFRSの適用の方法及び
    単体開示の簡素化について説明や議論を行いました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/7BRMccH7ci0D_11369/ifrs_130607016.html


------------------------------------------------------------------------
□■ JICPA(日本公認会計士協会) ■□

◆  IASB情報要請「料金規制」に対する意見を提出 (2013年6月4日)

    日本公認会計士協会(会計制度委員会)は、2013年3月28日にIASBが公表した
    情報要請「料金規制」に対する意見を取りまとめ、5月30日付けで提出しま
    した。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/K1LVFbH7ci0D_11369/ifrs_130607017.html


------------------------------------------------------------------------
□■ SEC(米国証券取引委員会)■□ 

◆  米国証券取引委員会(SEC)の代表者が、国際的な基準設定の重要性を強調
   (2013年5月30日)

    米国のカリフォルニア州パサディナで開催された米国証券取引委員会(SEC)
    と財務報告研究所の第32回年次会議で、SEC主任会計士のポール・ベス
    ウィック(Paul Beswick)氏とSECコミッショナーのエリーゼ・B・ウォルター
   (Elisse B.Walter)氏がスピーチを行い、米国が強力なIASBを必要とする理
    由及び高品質な財務報告について述べました。

    ポール・ベスウィック氏のスピーチ全文(英文)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/cdUO13H7ci0D_11369/ifrs_130607018.html

    エリーゼ・ウォルター氏のスピーチ全文(英文)
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/hFy-GJH7ci0D_11369/ifrs_130607019.html


------------------------------------------------------------------------
□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  公開草案「許容される減価償却及び償却方法の明確化」に対するフィード
    バック・ステートメントの公表(2013年5月29日)

    EFRAGは公開草案「許容される減価償却及び償却方法の明確化」に対する
    フィードバック・ステートメントを公表しました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/171752/240V7dH7ci0D_11369/ifrs_130607020.html
   (英文)[PDF:182KB]