IFRS News 7/19/2013

  • Share

■「SEC in Focus」2012年10月号

EYの「SEC in Focus」ニュースレター最新号は、証券取引委員会(SEC)関連
の動向を要約しており、これには、以前は報告されていなかった事項も含まれ
ています。今回は、紛争鉱物に関するSECの最終規則とSECスタッフのIFRS作業□■ IASB(国際会計基準審議会)■□

◆  概念フレームワークに関するディスカッションペーパーの公表
   (2013年7月18日)
    IASBは、概念フレームワーク改訂に向けたディスカッション・ペーパーを
    公表しました。
    コメント期限は、2014年1月14日です。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/K4tAHKH7ci0D_11369/ifrs_130719001.html
   (英文)

◆  概念フレームワーク改訂に関するWebプレゼンテーション(2013年7月18日)

    IASBは、概念フレームワーク改訂に向けたディスカッション・ペーパーに
    ついて、2013年7月26日に、質疑応答を含む2回のWebプレゼンテーションを
    行います。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/gI1_dfH7ci0D_11369/ifrs_130719002.html
   (英文)

◆  IFRS第8号「事業セグメント」の適用後レビューの完了(2013年7月18日)
    IASBは、IFRS第8号「事業セグメント」の適用後レビューが完了したことを
    公表しました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/7Bya01H7ci0D_11369/ifrs_130719003.html
   (英文)

◆  カナダ財務管理者協会(FEI)が、カナダ会計基準からIFRSへの移行コスト
    に関する調査結果を公表(2013年7月16日)

    カナダ財務管理者協会は、カナダ会計基準からIFRSへの移行コストに関する
    調査結果を公表しました。この調査は、カナダの会計基準監督評議会とIFRS
    財団が共同で行ったものです。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/J1dHC4H7ci0D_11369/ifrs_130719004.html
   (英文)
    調査報告書[pdf:1.49MB]
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/2e3q26H7ci0D_11369/ifrs_130719005.html
   (英文)

◆  IFRS諮問会議の議長とメンバーの候補を募集(2013年7月16日)

    IFRS財団評議員会は、IFRS諮問会議の議長とメンバーの候補を募集しています。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/F99wIdH7ci0D_11369/ifrs_130719006.html
   (英文)

◆  IFRS解釈指針委員会の会議資料の公開(2013年7月9日)

    IFRS解釈指針委員会が、2013年7月16日、17日に開催されました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/fdzQhcH7ci0D_11369/ifrs_130719007.html
   (英文)

◆  欧州委員会(EC)のグリーンペーパーに対する覚書を公表(2013年7月5日)

    IASBは、2013年7月5日、ECのグリーンペーパー「欧州経済の長期的金融」で
    示された会計基準に関する質問に対する回答を記した覚書を公表しました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/ieYvgkH7ci0D_11369/ifrs_130719008.html
   (英文)

◆  保険契約に関するWebプレゼンテーション(2013年7月9日、16日)

    先日公表された保険契約の公開草案に関して、2013年7月15日及び19日に
    IASBのスタッフがWeb上でプレゼンテーションと質疑応答を行いました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/hHYxHBH7ci0D_11369/ifrs_130719009.html
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/c0zh33H7ci0D_11369/ifrs_130719010.html
   (英文)

◆  2013年7月の審議会の会議資料の公開(2013年7月17日)

    IASBが2013年7月23日から25日に開催する審議会の会議資料が公開されました。
    ウェブキャストの登録も開始されています。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/E41L63H7ci0D_11369/ifrs_130719011.html
   (英文)


------------------------------------------------------------------------
□■ 新日本/アーンスト・アンド・ヤング ■□

◆  IFRS Developments IAS第39号の改訂:デリバティブのノベーション(更改)
    とヘッジ会計の継続 (2013年7月17日)

    IASBが2013年6月27日に公表した「デリバティブのノベーション(更改)と
    ヘッジ会計の継続(IAS第39号の改訂)」の内容を解説します。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/28gecJH7ci0D_11369/ifrs_130719012.html

◆  外貨為替ヘッジ及び在外営業活動体に対する純投資のヘッジ
   (2013年7月11日)

    具体的な事例を用いてIAS第39号「金融商品:認識及び測定」に基づくヘッジ
    会計の処理を解説しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/Dd923bH7ci0D_11369/ifrs_130719013.html

◆  その他の刊行物 - IFRS連結財務諸表記載例 2013年版 (2013年7月12日)

    IFRSに基づく連結財務諸表の日本語による記載例です。2012年12月31日終了
    年度について、仮想の企業を用い、具体的に例示しています。IFRS導入ご検
    討の際に、ぜひご活用ください。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/9IOFAhH7ci0D_11369/ifrs_130719014.html


------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  公開草案「金融商品:予想信用損失」に対するコメントの公表
   (2013年7月5日)

    ASBJがIASB公開草案「金融商品:予想信用損失」に対するコメントを公表
    しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/F8ByK6H7ci0D_11369/ifrs_130719015.html

◆ 「のれんの減損及び償却に関する質問票及び意見交換会に関するフィード
    バック文書」の公表

   「のれんの減損及び償却に関する質問票及び意見交換会に関するフィード
    バック文書」を公表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/e6bQE7H7ci0D_11369/ifrs_130719016.html

◆  第267回企業会計基準委員会の議事要旨(2013年7月11日)

    第267回企業会計基準委員会の議事要旨が公開されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/H7AqhgH7ci0D_11369/ifrs_130719017.html

◆  第268回企業会計基準委員会の概要 Webcast(2013年7月11日)

    第268回企業会計基準委員会の概要がWebcastで公開されました。
    IFRSのエンドースメント手続に関する計画の概要について審議が行われ
    ました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/h9beahH7ci0D_11369/ifrs_130719018.html

------------------------------------------------------------------------
□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  IFRS概念フレームワークの改訂に関して2つの速報を公表(2013年7月8日)

    EFRAG及びNSS(フランスの会計基準設定主体(ANC)、ドイツ会計基準委員会
   (ASCG)、英国財務報告評議会(FRC)及びイタリア会計基準設定主体(OIC))
    が、IFRS概念フレームワークの改訂に関して、「財務報告におけるビジネス
    モデルの役割」、「概念フレームワークの役割」の2つの速報を公表しました。
    コメント期限は、2013年9月30日です。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/b9fd89H7ci0D_11369/ifrs_130719022.html
   (英文)

◆  公開草案「金融商品:予想信用損失」に対するコメントの公表
   (2013年7月9日)

    EFRAGがIASB公開草案「金融商品:予想信用損失」に対するコメントを公表
    しました。

    http://r31.smp.ne.jp/u/No/175631/giR288H7ci0D_11369/ifrs_130719023.html
   (英文)


計画に関する最終報告書をクローズアップしています。

詳細は下記URLをご覧ください。(英語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/149638/4eL8AjEgEs29_11369/usgaap_121011_01.html


■SECの企業財務部(Division of Corporation Finance)が財務報告マニュアル
をアップデート

SECスタッフは、財務報告マニュアル(FRM)の最新アップデートを公表しまし
た。今回のアップデートには、株主総会招集通知または情報説明書における重
要な事業の処分(スピンオフによる処分を含む)の報告に関する指針の明確化
が含まれています。登録企業は、処分された事業について監査済財務諸表が入
手可能であれば、直近2年間の監査済財務諸表を提供しなければなりません。
アップデート前のFRMでは、提供する必要があるのは未監査財務情報のみとされ
ていました。

SECスタッフは、今回のアップデートが「JOBS法」(Jumpstart Our Business
Startups Act)に基づく新興成長企業(emerging growth company、以下「EGC」)
に関する財務報告要件を反映していないため、マニュアルの利用者に対し、EGC
に関するSECスタッフの指針とFAQを参照するように指示しています。

その他の改訂は、(1)シェルカンパニーではないUS国内の登録企業の逆さ合併
に関するForm 8-Kの報告要件、(2)SEC提出書類に含まれている逆さ合併の被
合併会社の財務諸表(買収前と買収後)へのPCAOB監査要件の適用、(3)開発
段階にある登録企業又はその前身の企業に関する設立以降の未監査財務情報に
ついての監査報告書における言及について明確にしています。

企業財務局スタッフによって四半期ごとにアップデートされるFRMは、同局ス
タッフ向けの一般指針を提供することを目的としています。しかし、FRMの情
報は、登録企業とその監査人にとって有用であることから、SECスタッフがSEC
ウェブサイトに掲載しています。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/149638/AFaDGkEgEs29_11369/usgaap_121011_02.html