IFRS News 9/13/2013

  • Share

 

□■ G20(主要20カ国・地域)■□

◆  G20首脳宣言で会計基準のコンバージェンスに言及(2013年9月6日)

    2013年9月5日、6日にロシアのサンクトペテルブルクで開催されたG20首脳
    会議の宣言で、会計基準のコンバージェンスへの言及がありました。
    金融システムの回復力強化のため、会計基準のコンバージェンスの重要性
    を強調するとともに、単一の会計基準策定に関する主要なプロジェクトを
    2013年末までに完了するよう国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計
    基準審議会(FASB)に対し要請しています。また、開示強化タスクフォー
    ス(EDTF)が進めている作業を含め、金融機関のリスク開示強化のため、
    官民セクターによる更なる取組みを奨励する旨も述べています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/AGEFIaH7ci0D_11369/ifrs_130913001.html
   (財務省ホームページ)


------------------------------------------------------------------------
□■ IASB(国際会計基準審議会)■□

◆  IFRS解釈指針委員会の開催(2013年9月10日、11日)

    2013年9月10日、11日に開催されたIFRS解釈指針委員会の会議資料が公開
    されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/31pUBIH7ci0D_11369/ifrs_130913002.html
   (英文)

◆  IASB議長がEYのIFRS会議で基調講演(2013年9月9日)

    IASB議長ハンス・フーガーホースト氏は、2013年9月9日、ベルリンで開か
    れたEYのIFRS会議で「ヨーロッパとグローバル会計基準への道」と題する
    基調講演を行いました。今後の日本企業のIFRS適用見込みについても言及
    し、東京証券取引所の時価総額の20%に相当する企業が近い将来IFRSを適用
    することが予想されるとしています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/Hd2Yc5H7ci0D_11369/ifrs_130913003.html
   (英文)

◆  IFRS財団が金融機関IFRS会議を開催(2013年9月11日)

    IFRS財団と英国勅許会計士協会(ICAEW)は、2013年12月3日に金融機関
    IFRS会議を共同開催します。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/i9erGFH7ci0D_11369/ifrs_130913004.html
   (英文)

◆  2013年9月のIASB審議会のアジェンダの公開

    2013年9月17日、18日に開催されるIASB審議会のアジェンダが公開されま
    した。ウェブキャストの登録も開始されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/IB8Cf7H7ci0D_11369/ifrs_130913005.html
   (英文)

◆  2013年9月の会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)会議の
    アジェンダの公開

    2013年9月25日、26日に開催されるASAF会議のアジェンダが公開されまし
    た。ウェブキャストの登録も開始されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/aJiv1GH7ci0D_11369/ifrs_130913006.html
   (英文)


------------------------------------------------------------------------
□■ FASB(米国財務会計基準審議会) ■□

◆  FASB議長が40周年会議でスピーチ(2013年9月12日)

    FASB議長ラッセル・G・ゴールデン氏が、2013年9月12日にニューヨーク
    で開催されたFASBの40周年会議(FASB@40 Conference)でスピーチを行
    いました。
    ゴールデン氏は、今年から来年にかけてのFASBの最優先事項は、主要な
    コンバージェンス・プロジェクトを完了することである旨を述べました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/4ahk29H7ci0D_11369/ifrs_130913007.html
   (英文)[pdf:221KB]

------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  第272回企業会計基準委員会の概要 Webcastの公開(2013年9月10日)

    第272回企業会計基準委員会のWebcastが公開されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/d0MnkKH7ci0D_11369/ifrs_130913008.html

◆  第270回企業会計基準委員会の議事要旨の公開(2013年9月11日)

    第270回企業会計基準委員会の議事要旨が公開されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/DGBFchH7ci0D_11369/ifrs_130913009.html


------------------------------------------------------------------------
□■ JICPA(日本公認会計士協会)■□

◆  IASB公開草案「規制繰延勘定」に対する意見の提出(2013年9月9日)

    JICPAは、2013年4月25日公表のIASB公開草案「規制繰延勘定」に対する意
    見を2013年9月4日付で提出しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/iKbYbeH7ci0D_11369/ifrs_130913010.html

◆  IASB改訂公開草案「リース」に対する意見の提出(2013年9月9日)

    JICPAは、2013年6月14日にASBJが公表した「IASBの改訂公開草案「リース」
    に関する意見の募集」に従って、ASBJに対し2013年9月4日付で意見を提出
    しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/B8066AH7ci0D_11369/ifrs_130913011.html


------------------------------------------------------------------------
□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  概念フレームワークの見直しに関する速報の公表(2013年9月12日)

    EFRAGとフランス、ドイツ、イタリアそして英国の会計基準設定主体は、
    概念フレームワークの見直しに関して、議論の促進とヨーロッパとしての
    意見表明のため、「説明責任と財務報告の目的」及び「資産負債アプロー
    チ」の2つの速報を公表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/edl2CjH7ci0D_11369/ifrs_130913012.html
   (英文)

◆  公開草案「規制繰延勘定」に対するコメントレターの公表(2013年9月10日)

    EFRAGは、公開草案「規制繰延勘定」に対するコメントレターを公表しま
    した。当該公開草案にはいくつかの問題点があるとして、EFRAGは不支持
    の立場をとっています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/180399/Ag5sEhH7ci0D_11369/ifrs_130913013.html
   (英文)