US GAAP Weekly Update 08/02/2013

  • Share

US GAAP Weekly Update 08/02/2013


■To the Point: 未認識のタックス・ベネフィットに関する表示

FASBは、財務諸表における特定の未認識のタックス・ベネフィットの表示に関
する最終ガイダンスを公表しました。本 To the Point 刊行物は、この新規
ガイダンスに関して知っておくべき点について説明しています。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/176839/B0HvjfeJGjii_11369/usgaap_130802_01.html

■To the Point: ヘッジ会計で新しいベンチマーク金利が使用可能に

FASBは最終ガイダンスを公表し、企業がヘッジ会計でベンチマーク金利として
フェデラル・ファンド実効スワップレート(米国では、オーバーナイトのイン
デックス・スワップ・レート、またはOIS)を指定できるようにしました。ガ
イダンスは即時発効します。本 To the Point 刊行物は、この新規ガイダンス
に関して知っておくべき点について説明しています。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/176839/45vsaheJGjii_11369/usgaap_130802_02.html

■「Standard Setter Update」が発行されました

EYの2013年度第2四半期版「Standard Setter Update―財務報告及び会計に関
する動向」は、2013年4月1日から2013年6月30日までの財務会計及び財務報告
に関する重要な動向を取り上げるとともに、FASB、EITF、PCC、SEC、PCAOB、
ASB及びGASBによって現在検討中のいくつかの提案を要約しています。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/176839/f6qfIceJGjii_11369/usgaap_130802_03.html


■関係会社間のデリバティブと財務管理を集中化した企業に影響を与える
ドッド・フランク法に関する白書

ドッド・フランク・ウォール街改革及び消費者保護法を施行している規制当局が、
最近数ヵ月の間に関係会社間のデリバティブ及び財務管理を集中化した企業の
取扱いに関する最終規則と非公式な見解(”no action” letters)を公表しま
した。当該規則により、あらゆる産業分野で、米国外に拠点を置く企業を含め、
多数のEYのクライアント企業が影響を受ける可能性があります。FAASが作成し
た白書「ドッド・フランク法と関係会社間で取引されるデリバティブ: 新規のデ
リバティブに関する規則の影響はより明瞭になったが、依然として主要な課題
は残っている」は、最近の動向を要約しており、規則で対象とされている分野、
特に非公式見解に記載された経過措置の例外処理を選択する場合、結論に至ら
ないまま拙速に当該例外処理を選択するとEYクライアントに不利な影響を与え
る場合があることを強調しています。EYとしては、アカウント・チームが今から
クライアントと情報を共有し、チームが支援できることについてクライアント
と議論するように強く推奨します。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/176839/b2fNdKeJGjii_11369/usgaap_130802_04.html

■外国通貨に関するFRDの更新

ASU 2013-05「在外事業体の特定の子会社もしくは資産グループ、又は在外事業
体に対する投資の認識中止時における累積為替換算調整額に対する親会社の会計
処理」の公表を受けて、EYの解釈指針を明瞭化し、強調するため、FRD(Financial
reporting developments)を更新しました。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/176839/c7RhAIeJGjii_11369/usgaap_130802_05.html

■公正価値に関するFRDの更新

最近の基準設定の動きを受けて、EYの解釈指針を明瞭化し、強調するため、公
正価値に関するFRD(Financial reporting developments)の更新版を刊行しま
した。ASU 2012-02、ASU 2012-04、ASU 2013-03、ASU 2013-08、ASU 2013-09に
よるASC 820の改訂に対応するため、FRDの第3章、第6章、第18章、第19章を更
新しました。また、米国公認会計士協会の「投資企業に関する実務手引書」の
TISセクション6910.34及び6910.35について説明するため、プライベート・エク
イティの分野における公正価値の検討事項を扱った業種別付録IA.2を更新しま
した。現金同等物の要件の明確化を含む、公正価値の開示要件に関するASC 820
についての追加の解釈指針も含まれています。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/176839/aGj-G2eJGjii_11369/usgaap_130802_06.html