US GAAP Weekly Update 11/12/2013

  • Share

 

■第3四半期版「Standard Setter Update」が閲覧可能となりました

EYの2013年第3四半期版「Standard Setter Update 財務報告及び会計に関する
動向」は、2013年7月1日から2013年9月30日までの財務会計及び財務報告に
関する重要な動向を取り上げるとともに、FASB、EITF、公開企業委員会(PCC)、
SEC、PCAOB、ASB及びGASBが現在検討中の提案事項の一部を要約しています。

詳細は下記URLをご覧ください。

http://r31.smp.ne.jp/u/No/185440/9Ga81FH7ci0D_11369/usgaap_131112_08.html


■持分法投資に関するFRD

ASC 323に準拠した持分法投資に対する会計処理のガイダンスを明確にし、
改善するために、持分法投資に関するFRD(Financial Reporting
Developments)を公表しました。

本FRDは現在、GAAIT OnlineとAccountingLinkで閲覧可能です。

詳細は下記URLをご覧ください。

http://r31.smp.ne.jp/u/No/185440/3DrBAiH7ci0D_11369/usgaap_131112_09.html


■1株当たり利益に関するFRDの更新

1株当たり利益に関するEYの解釈指針を改訂し、FRD(Financial Reporting
 Developments)を更新しました。1株当たり純利益の計算上、株式に関連
付けられている金融商品(equity-linked instruments)の決済が、希薄化後
1株当たり利益の計算上の分子に影響を与える可能性について、他の事項と
ともに記載しております。また、既存の事業又は以前存在していた子会社の
切り離し(carve-out)に際しての1株当たり純利益の計算に関するガイダンスも
追加し、形式上の1株当たり純利益(pro forma earnings per share)に関する
ガイダンスを記載しております。更新版FRDはAccountingLinkとGAAITで閲覧
可能です。

詳細は下記URLをご覧ください。

http://r31.smp.ne.jp/u/No/185440/3HyC17H7ci0D_11369/usgaap_131112_10.html