US GAAP Weekly Update 11/20/2012

  • Share

US GAAP Weekly Update 11/20/2012


■ 非支配持分に関するFRDの更新

EYは、非支配持分に関するEY刊行のFRD(Financial Reporting Developments)
を更新しました。更新に伴い、タイトルが「連結財務諸表及びその他財務諸表
-非支配持分、結合財務諸表及び親会社財務諸表(Consolidated and other
financial statements: noncontrolling interests, combined financial
statements, and parent company financial statements)に変更されました。
今回の更新では、一部の内容が再編成されたほか、FASB基準書第160号「連結
財務諸表における非支配持分-ARB第51号の改定」(主にASC 810に体系化)の
経過指針に関する説明が削除されました。また、非支配持分とともに、あるい
はその一部としてデリバティブが発行された場合の非支配持分の表示に関する
第2章の解釈指針が強化されています。その他にも、特定の解釈指針(例えば、
実質上の不動産の連結除外に関する新たな指針の発行を反映するもの)が追加
されています。

詳細は下記URLをご覧ください。(英語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/153598/5B-EChEBFJbI_11369/usgaap_121120_01.html


■ Technical Line:JOBS法の適用-改訂

「JOBS法」(Jumpstart Our Business Startups Act)は、非公開企業による
資本調達を支援し、一部企業の上場を後押ししています。本Technical Lineで
は、JOBS法に関して検討すべき主要な問題を説明するとともに、2012年11月1日
までの最新情報を更新し、新たなSEC適用指針のほか、届出が免除される特定の
募集における一般的勧誘及び公告の禁止を撤廃するSECの規則制定案などを取り
上げています。JOBS法は、5年間にわたりSECの特定の規制要件を段階的に導入
することができる「新興成長企業(emerging growth company)」と呼ばれる新
たな発行企業区分を創設しました。同法はまた、公開企業登録及び報告が義務
付けられる要件を修正したほか、SECに対し、12カ月間の調達金額が5,000万ドル
以下の募集について新たな適用除外区分を設ける規則及びクラウドファンディン
グの利用を認める規則の制定を要求することによって、資本形成を促進していま
す。

詳細は下記URLをご覧ください。(英語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/153598/724RHaEBFJbI_11369/usgaap_121120_02.html


■ 一株当たり利益に関するFRDの更新

EYはこのほど、FRD(Financial Reporting Developments)「一株当たり利益」
を更新しました。この更新版では、一株当たり利益の計算における、繰延決済
規定を伴う権利確定した制限付株式ユニット及び現金又は株式によって決済さ
れうる証券の扱いなどについて、EYの解釈指針を強化しています。また、現金
又は株式によって決済されうるワラントの影響についての例も収録されていま
す。

詳細は下記URLをご覧ください。(英語)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/153598/74cz4EEBFJbI_11369/usgaap_121120_03.html