US GAAP Weekly Update 11/9/2012

  • Share

US GAAP Weekly Update 11/9/2012


■ IFRS Developments

・10月 臨時号: 公正価値測定に関する教育文書(案)の公表

2012年10月18日、IFRS財団スタッフより、IFRS第13号「公正価値測定」適用
時の論点を取り扱う教育文書の第1章(案)が公表されました。本文書は、
IFRS第9号の適用対象となる相場価格のない資本性金融商品(非上場株式)
の公正価値測定に関するものです。本稿では、この概要を説明します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/HHao6AH7ci0D_11369/ifrs_121109002.html

・第43号: SECスタッフのIFRSの組込みに関する最終報告に対するIFRS財団
による分析の公表

2012年10月23日、IFRS財団は、「IFRS財団評議会への報告書-IFRS財団スタッ
フによるSECスタッフ最終報告書の分析」を公表しました。本稿ではこの概要
を解説します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/0guZB2H7ci0D_11369/ifrs_121109003.html

・第44号: 投資企業-連結に関する例外規定の公表

2012年10月31日、IASBは、投資企業の定義を満たす企業は子会社の連結を禁
止するという連結規定の例外を定めたIFRS第10号「連結財務諸表」の改訂を
公表しました。本稿では、この改訂内容を解説します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/7aniA7H7ci0D_11369/ifrs_121109004.html


■ IFRS Outlook 11月号

本号の主な内容は以下です。
◇ 迫りくるIFRS改訂の波:対策は万全ですか?
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/BFffFjH7ci0D_11369/ifrs_121109005.html

◇ 役員報酬及び持分決済型の株式報酬制度の会計処理をめぐる議論
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/9kMZGcH7ci0D_11369/ifrs_121109006.html

◇ IAASBが監査報告書の価値改善に向けた変更を提案

■ 公表されているが、未だ適用されていないIFRSsの一覧(2012年10月31日現
在)

2012年10月31日時点で公表されているIFRSsに基づき更新しました。IAS第8
号30項及び31項より求められる注記の開示例を、2013年3月末決算会社を前
提に示します。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/7Dk_6fH7ci0D_11369/ifrs_121109007.html

■ Joint Project Watch September(英語)

IASBとFASBの共同プロジェクトにおける各論点の背景や重要なポイント、今
後の予定、参照刊行物などを紹介します。[PDF 352K]
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/jC1_29H7ci0D_11369/ifrs_121109008.html


□■ IASB(国際会計基準審議会)■□ 


■ 投資企業(IFRS第10号、IFRS第12号及びIAS第27号の修正)の公表(英語)

2012年10月31日、IASBは、連結規定の例外を定めたIFRS第10号「連結財務諸
表」の改訂を公表しました。本改訂より、投資企業の定義を満たす企業は子
会社の連結を禁止され、IFRS第9号「金融商品」に従って純損益を通じた公
正価値測定で子会社を会計処理することが求められます。本改訂は、2014年
1月1日以降開始事業年度より適用され、早期適用可能です。

(IASBプレスリリース)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/45FbebH7ci0D_11369/ifrs_121109009.html

(弊社日本語による解説 Developments第44号)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/7aniA7H7ci0D_11369/ifrs_121109004.html


■ IFRS財団が会計基準諮問フォーラム創設の提案を公表(英語)

2012年11月1日、IFRS財団は、IASBに対する新たな諮問グループを創設する
提案をコメント募集の為公表しました。会計基準諮問フォーラムと呼ばれる
予定のこの新たな諮問グループの主な目的は、IASBに対して技術的な助言と
フィードバックを提供することであり、各国会計基準設定主体と財務報告に
関心を有する地域団体で構成されます。この提案は、2012年2月に公表され
た評議員の戦略レビューにおける主提案の一つです。本文書のコメント期限
は、2012年12月17日です。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/gKbNb1H7ci0D_11369/ifrs_121109010.html


■ 開示強化タスクフォースによる報告書の公表(英語)

10月29日、金融安定理事会(FSB)は、 開示強化タスクフォース(EDTF)によ
る報告書を公表しました。IASBはFSBの主要メンバーであり、本報告書を支
持しています。EDTFは、現在の市場状況やリスクに基づいて銀行の開示強化
のための指針を策定し、銀行でのリスク開示の先進的事例を特定することを
目的として2012年5月に召集されました。本報告書では、銀行の投資家向け
情報の明瞭性、比較性、適時性をより高めることを目的として、多くの提案
がされています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/5BN8CDH7ci0D_11369/ifrs_121109011.html


□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

■ 企業会計基準委員会の審議概要、審議資料、議事要旨

コンバージェンス・ワークに関する各専門委員会の検討状況についての議事
概要、審議資料、議事要旨が公表されました。IFRSに関する事項は以下です。
◇◇◇ 第254回(11月6日)
◇◇◇- 議事概要・審議資料
◇◇◇・企業結合(ステップ2)に係る経過措置と適用時期並びに公開草案の文
◇◇◇案についての検討
◇◇◇・FASB及びEFRAGの開示フレームワーク意見募集へのコメント対応について
◇◇◇・IFRS第13号「公正価値測定」教育マテリアル草案について
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/0ad9h4H7ci0D_11369/ifrs_121109012.html


■ 教育マテリアル第1章「IFRS第9号『金融商品』の範囲内の相場価格のない資
本性金融商品の公正価値の測定」のドラフト(和訳)

2012年10月18日にIFRS財団スタッフが公表した、教育マテリアル第1章のド
ラフトの和訳がASBJから公表されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/4dAVkBH7ci0D_11369/ifrs_121109014.html


■ 第12回 日中韓三カ国会計基準設定主体会議を開催

2012年10月10日、日本、中国、韓国の会計基準設定主体による会議が、韓
国で開催されました。中国会計準則委員会からIASB進行経済国グループに
おける最新作業状況について、韓国会計基準委員会から中小企業の会計基
準について、ASBJからはIFRS財団アジア・オセアニアオフィスの最新情報
について報告されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/jB4VBaH7ci0D_11369/ifrs_121109017.html


■ 定期協議の開催(第16回)

2012年10月29日と30日、ASBJとIASBの代表者による定期会議がロンドンで
開催されました。主に以下について議論されました。
◇◇・金融商品:分類及び測定、減損(IASBとFASBの直近の暫定的な決定等)
◇◇・収益認識(再審議の状況等)
◇◇・リース(2013年第1四半期に公表予定の再公開草案に向けた最近の検討状
◇◇ 況等)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/0co4I4H7ci0D_11369/ifrs_121109018.html


□■ 日本公認会計士協会 ■□

■ EC委員のスピーチ「国際的な会計基準への動きに関するEUの観点」(和訳)

2012年10月11日、欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)とIFRS財団評議員会
が、「国際的な会計基準への動きに関するEUの観点」を議論するため共同会
議を開催しました。本会議における、EC委員Guersent氏のスピーチの和訳が
公表されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/152461/HDMEcdH7ci0D_11369/ifrs_121109019.html