US GAAP Weekly Update 3/27/2013

  • Share

■2013年第1四半期から適用される会計基準

いくつかの新しい会計基準が2013年第1四半期から暦年基準の企業に適用され
ます。下記の文書に、当該会計基準とEYの関連刊行物の説明をまとめました。
企業は、どの会計基準が自社に初めて適用されるかについて慎重に検討する必
要があります。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/165358/H55of3eedtbh_11369/usgaap_130327_01.html


■信用損失への対応 - FASBの減損モデル案

FASBは、貸出金、負債性証券、営業債権、リース債権及びその他の債権に関す
る信用損失を会計処理するための、すべての企業に適用される単一の原則主義
に基づくモデルを提案しました。

各報告日現在の期待信用損失引当金は、回収が期待されない契約上のキャッシ
ュ・フローに関する現在の見積りを表すことになります。

また本提案は、購入時に信用状態が毀損している資産(以下、PCI資産)及び負
債性証券の受取利息に対する会計処理を変更することになります。

IASBは別途、両審議会が共同で作成中の3区分モデルに基づく信用損失モデルを
提案することになります。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/165358/271l8deedtbh_11369/usgaap_130327_02.html