「Financial reporting briefs」が発行されました

  • Share

SEC in Focus20127月号

EYの「SEC in Focus」ニュースレター最新号は、証券取引委員会(SEC)関連の
動向を要約しています。今回は、「JOBS法」(Jumpstart Our Business
Startups Act)
の適用に関する質問に対応するためのSECスタッフの重点的取り
組みをクローズアップしています。


■To the Point: FASB 、偶発損失の開示に関するプロジェクトを中止

FASBは、偶発損失の開示を拡大するプロジェクトを打ち切りましたが、開示の
枠組みに関するプロジェクトの一環として、この問題を再検討する可能性があ
ります。その間、SECスタッフが引き続き、既存の要件の遵守に焦点を当てる
と思われます。

To the Pointは、今回のFASBの決定について説明し、企業の開示に関するSEC
最近のコメントを要約しています。


 公正価値測定の新たな開示に関するEYの分析

2012331日に終了する報告期間に係る四半期提出書類において、ASU 2011
-04
は、公開企業に対し公正価値測定に関する新たな開示を要求しました。EY
は、さまざまな業界の公開企業60社が提供した公正価値に関する開示をレビュ
ーし、企業が当該要請にどのように対応したかについて分析を行いました。
EYの刊行物「The new fair value disclosures: A snapshot of how public
companies adopted the requirements of ASU 2011-04(
新たな公正価値開示
-公開企業によるASU 2011-04の要件の適用概況)」は、EYによる分析の結果
をまとめています。