IFRS News 1/10/2014

  • Share

 

◆  IFRS実務講座 - IFRSを巡る議論の動向と今後の展望(2014年1月8日)

    昨年はこれまで滞っていたIFRS(国際会計基準)導入論議が再び脚光を浴
    びた年でした。本稿では、そのきっかけとなった一連の動きを振り返ると
    ともに、これを受けた各社の反応並びに今後の対応について検討しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/9BZN95H7ci0D_11369/ifrs_140110001.html

◆  IFRS Developments - IASBが2つのサイクルのIFRS年次改善を公表
   (2013年12月27日)

    本稿では、IASB(国際会計基準審議会)が2013年12月12日に公表した2つ
    のサイクル(2010-2012年サイクル及び2011-2013年サイクル)のIFRS
    年次改善について日本語で解説しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/iI-rb2H7ci0D_11369/ifrs_140110002.html

◆  IASBワークプランの更新(2013年12月25日)

    IASBワークプランが、2013年12月17日付で更新されました。弊法人のウェブ
    サイトでワークプランと主な変更点を日本語で掲載しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/gkFyF9H7ci0D_11369/ifrs_140110003.html

◆  刊行物 - ライフサイエンス業における提携契約に関する会計処理
   (2014年1月6日)

    本稿では、IFRS第10号「連結財務諸表」及びIFRS第11号「共同支配の取
    り決め」が、ライフサイエンス業における提携契約の会計処理に及ぼす
    影響について解説しています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/09MaIgH7ci0D_11369/ifrs_140110004.html

◆  IFRS Core Tool - Good Investment Fund Limited (Equity)(2013年12月25日)

    EYグローバルのウェブサイトで仮想の投資ファンド、Good Investment
    Fund社のIFRSに基づく財務諸表記載例(2013年12月期)が公開されました。
     http://www.ey.com/Publication/vwLUAssets/Good_Investment_Fund_Limited_(Equity)_2013_-_Illustrative_financial_statements/$File/CTools_GI_E_Dec2013.pdf
   (英文)[pdf:3.04MB]
   (クリックしてもサイトにとばないときはお手数ですがURLをコピーし、
    ブラウザのURL表示箇所にペーストしてください)

------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  当期純利益の概念に関するペーパーの公表(2013年12月27日)

    ASBJは、2013年12月5日に開催された会計基準アドバイザリー・フォーラム
   (ASAF)に提出した、当期純利益、その他の包括利益と測定の関係に関する
    アジェンダ・ペーパーを公開しました。当該ペーパーでは、「包括利益、
    純損益及びOCIの定義」、「純損益の特徴」、「同一項目に対する2つの測
    定基礎の使用」、「リサイクリング」の4項目について論じています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/6bbTaEH7ci0D_11369/ifrs_140110006.html

◆  第278回企業会計基準委員会の概要 Webcast公開(2013年12月26日)

    第278回企業会計基準委員会のWebcastが公開されました。「IASBディスカッ
    ション・ペーパー「財務報告に関する概念フレームワークの見直し」へのコ
    メント対応」や「IFRSのエンドースメントに関する作業部会における検討状
    況」などが審議されています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/eGf5DGH7ci0D_11369/ifrs_140110007.html

◆  IASB Update(2013年12月分)の和訳の公表(2013年12月26日)

    IASB Update(2013年12月分)の和訳が会員限定で公表されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/08Kt3CH7ci0D_11369/ifrs_140110008.html
   (会員限定)[pdf:515KB]

◆  IFRIC Update(2013年11月分)の和訳の公表(2014年1月8日)

    2013年11月のIFRIC Updateの和訳が会員限定で公表されました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/AIGDdiH7ci0D_11369/ifrs_140110009.html
   (会員限定)[pdf:494KB]

------------------------------------------------------------------------
□■ IASB(国際会計基準審議会) ■□

◆  IFRSタクソノミ2013(日本語版)を公表(2013年12月20日)

    IASBは、IFRSタクソノミ2013(日本語版)を公表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/3FQYiJH7ci0D_11369/ifrs_140110010.html
   (英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ 金融庁 ■□

◆  指定国際会計基準の一部を改正(2013年12月27日)

    金融庁は、2013年12月27日、IASBが2012年11月1日から2013年10月31日まで
    に公表した国際会計基準を指定国際会計基準に該当するものとするため
   「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長
    官が定める企業会計の基準を指定する件(平成21年金融庁告示69号)」等
    の一部改正を公表し、同日付で公布・施行しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/ia052jH7ci0D_11369/ifrs_140110011.html

------------------------------------------------------------------------
□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  EFRAGとICASが、学術文献レビュー「投資家等による情報の利用」を公表
   (2014年12月26日)

    EFRAGとICAS(スコットランド勅許会計士協会)は、投資家等がどのように
    財務諸表を利用しているかに関して評価するために行った文献レビューの
    結果報告書を公表しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/eiHw51H7ci0D_11369/ifrs_140110012.html
   (英文)

◆  IASBの改訂公開草案「保険契約」に対するコメントレターについての
    フィードバック文書を公開(2014年1月7日)

    EFRAGは、IASBの改訂公開草案「保険契約」に対するコメントレターにつ
    いてのフィードバック文書を公開しました。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/eb6YgaH7ci0D_11369/ifrs_140110013.html
   (英文)

◆  IASBの公開草案「年次改善 2012-2014サイクル」に対するコメントレター
    のドラフトを公表(2014年1月8日)

    EFRAGは、IASBの公開草案「年次改善 2012-2014サイクル」に対するコメン
    トレターのドラフトを公表しました。IAS第19号「従業員給付」を除いた大
    部分については同意としています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/4FctffH7ci0D_11369/ifrs_140110014.html
   (英文)

◆  IASBの公開草案「個別財務諸表における持分法(IAS第27号の改訂案)」に
    対するコメントレターのドラフトを公表(2014年1月9日)

    EFRAGは、IASBの公開草案「個別財務諸表における持分法(IAS第27号の改
    訂案)」に対するコメントレターのドラフトを公表しました。企業が個別
    財務諸表において子会社、共同支配企業及び関連会社に対する投資の会計
    処理に持分法を使用することを認めることが提案されていることを歓迎し
    ています。
    http://r31.smp.ne.jp/u/No/190574/KaG1HjH7ci0D_11369/ifrs_140110015.html
   (英文)