IFRS News 4/4/2014

  • Share

 

◆  IFRS Development - IASBとFASBがリース新基準開発における主要論点で
一部乖離(2014年3月31日)

本稿では、IASB公開草案「リース」について、2014年3月の審議会でIASB
とFASBが行った審議の内容を解説しています。リース新基準の内容を簡素
化する方法を検討する中、両審議会の間には解消し難い見解の相違が存在
することが浮き彫りとなりました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/E65Oi1H7ci0D_11369/ifrs_140404001.html

◆  IASBワーク・プランの更新(2014年3月31日)

IASBワーク・プランが2014年3月26日付で更新されました。
マクロヘッジに関するディスカッション・ペーパー公表の目標スケジュール
が2014年第1四半期から2014年第1~第2四半期へと延期されるなど複数の更
新がありました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/Jb-94jH7ci0D_11369/ifrs_140404002.html

◆  IFRS教材「eラーニングで学ぶIFRSベーシック」のご紹介(2014年3月)

IFRS教育にすぐにお役立ていただける、「図を見て」「耳で聴く」、効果
的なeラーニング教材を開発しました。IFRSの主要25テーマについて、その
概要と、日本基準との違いを重点的に学習することができ、短時間で効率
的にIFRSの全体像を把握することができます。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/kGvkgCH7ci0D_11369/ifrs_140404003.html

◆  International GAAP Disclosure Checklistの公表(2014年3月)

EYグローバルのWebサイトで、開示チェックリスト(2014年2月末基準)
(英語)が公表されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/2eSR9GH7ci0D_11369/ifrs_140404004.html
(英文)[pdf:1.16MB]

◆  EY IFRS Core Tools - Good Group(International) Limited(2014年3月)

EYのWebサイトで、仮想のグループ企業Good Group社とその連結子会社の
IFRSに基づく半期の連結財務諸表記載例(2014年6月末基準)が公開されま
した。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/0kah91H7ci0D_11369/ifrs_140404005.html
(英文)[pdf:3.03MB]

◆  EY IFRS Core Tools - IFRS Update(2014年3月)

本稿では、IFRSの最新の基準や解釈の概要(2014年2月末基準)を解説し
ています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/d5-U11H7ci0D_11369/ifrs_140404006.html
(英文)[pdf:490KB]

------------------------------------------------------------------------
□■ 金融庁 ■□

◆ 「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する
内閣府令」等を公表(2014年3月26日)

金融庁は、2014年3月26日、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関
する規則等の一部を改正する内閣府令」を公布及び施行しました。これ
は、「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」
(2013年6月20日公表)を踏まえ、単体開示の簡素化を図るため、財務諸表
等の用語、様式及び作成方法に関する規則及び企業内容等の開示に関す
る内閣府令等に所要の改正を行ったものです。2014年3月31日以後に終了
する事業年度等に関する財務諸表等に適用されます。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/6J_ngHH7ci0D_11369/ifrs_140404007.html

------------------------------------------------------------------------
□■ 経済産業省 ■□

◆  企業開示制度の国際的動向等に関する研究会の議事要旨の公表
(2014年4月2日)

経産省から、「企業開示制度の国際的動向等に関する研究会」の第4回か
ら第6回の議事要旨及び配付資料が公表されています。当研究会では、企
業の実務家、投資家、会計学者など、企業開示(ディスクロージャー)
に関心のある有識者等による議論の場として、国内外におけるディスク
ロージャーの実態把握に努めており、検討にあたり、海外主要国におけ
るディスクロージャー制度とその運用実態、上場企業等の開示事例及び
グローバル投資家等の利用実態について調査を行っています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/aD2N6KH7ci0D_11369/ifrs_140404008.html

------------------------------------------------------------------------
□■ ASBJ(企業会計基準委員会) ■□

◆  第284回企業会計基準委員会の概要 Webcast公開(2014年3月28日)

2014年3月27日に開催された第284回企業会計基準委員会議のWebcastお
よび議事概要が公開されました。「IASBにおけるリース・プロジェクト
の検討状況」、「IFRSのエンドースメントに関する作業部会における検
討状況」などが審議されています。

また、平成26年度地方税制改正に伴う税効果会計について審議され、周
知を図るために議事が残されており、以下の審議概要において内容を確
認できます。

(ウェブキャスト)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/7ii26FH7ci0D_11369/ifrs_140404009.html
(議事概要)
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/IKZpb5H7ci0D_11369/ifrs_140404010.html

◆  第20回基準諮問会議議事要旨(2014年3月31日)

第20回基準諮問会議議事概要と要旨が公開されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/bByo99H7ci0D_11369/ifrs_140404011.html
(議事要旨は会員限定)

◆  企業会計基準委員会と米国財務会計基準審議会の代表者による定期会合
の開催(第16回会合)(2014年3月14日)

ASBJとFASBの代表者は、今週ノーウォーク(米国)で第16回の定期会
合を開催しました。
今回の会合において、ASBJ とFASB は、FASB が現在審議を行っている
「金融商品」、「のれん」及び「開示フレームワーク」について議論を
行ったほか、IASBが現在審議を行っている「概念フレームワーク」、
「リース」及び「料金規制対象活動」についても議論を行いました。また、
ASBJ が現在実施しているIFRS のエンドースメント手続についても議論
を行いました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/Gg7U67H7ci0D_11369/ifrs_140404012.html

------------------------------------------------------------------------
□■ IASB(国際会計基準審議会) ■□

◆  開示イニシアティブの一環としてIAS第1号への修正を提案(2014年3月25日)

IASBは、IAS第1号「財務諸表の表示」への修正を提案する公開草案を公表
しました。この提案は、IASBの開示イニシアティブにおける複数の短期プ
ロジェクトの1つの結果に基づくものです。2014年7月23日までコメントを
募集しています。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/BhXpeFH7ci0D_11369/ifrs_140404013.html
(英文)

ASBJのウェブサイトで日本語の概要がご覧いただけます。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/G1x1aDH7ci0D_11369/ifrs_140404014.html

◆  IASB Update(2014年3月)の公表(2014年3月26日)

2014年3月のIASB Updateが公表されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/aGPz5EH7ci0D_11369/ifrs_140404015.html
(英文)

◆  IFRIC Update(2014年3月)の公表(2014年4月3日)

2014年3月のIFRIC Updateが公表されました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/12EaChH7ci0D_11369/ifrs_140404016.html
(英文)

◆  自己の信用リスクに関する会計処理についてのIASBメンバーの見解記事
(2014年3月31日)

IASBメンバーのパトリシア・マッコーネルによる、「One fewer non-GAAP
adjustment to worry about: improvements to the accounting for
changes in own credit」と題した見解記事を公表しました。

http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/FA2lgEH7ci0D_11369/ifrs_140404017.html
(英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ JICPA(日本公認会計士協会) ■□

◆  IFRS財団評議員会が、欧州によるIFRS財団への財務支援の更新を歓迎
(2014年3月20日)

2014年3月18日、IFRS財団評議員会は、欧州議会による、IFRS財団、欧州
財務報告諮問グループ(EFRAG)及び公益監視委員会(PIOB)に対する
欧州の財務支援を2014年から2020年まで延長するという、先週の決議を
歓迎すると発表しました。

http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/eFpPfjH7ci0D_11369/ifrs_140404018.html

◆  IASB公開草案「IFRS For SMEs(中小企業向け国際財務報告基準の修正案)」
に対する意見について(2014年3月26日)

JICPAは、IASBの公開草案「IFRS For SMEs(中小企業向け国際財務報告
基準の修正案)」に対するコメントを取りまとめ、2014年3月3日付けで
提出しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/31rADjH7ci0D_11369/ifrs_140404019.html

◆  英国FRCが、リサーチ・ペーパー「無形資産及びその償却の会計処理
に関する投資家の見解」を公表(2014年3月31日)

2014年3月26日、英国の財務報告協議会(FRC)は、無形資産及びその
償却の会計処理に関して投資家の見解をまとめたペーパーを公表しまし
た。このペーパーは、無形資産のすべての論点をカバーしているわけで
はなく、投資家が特に懸念を示している論点をまとめたものになります。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/GC01iBH7ci0D_11369/ifrs_140404020.html

------------------------------------------------------------------------
□■ AOSSG(アジア・オセアニア会計基準設定主体グループ) ■□

◆  IASB公開草案「IFRS For SMEs(中小企業向け国際財務報告基準の修正案)」
に対するコメントの提出(2014年3月25日)

AOSSGは、IASB公開草案「IFRS For SMEs(中小企業向け国際財務報告基
準の修正案)」に対するコメントを2014年3月25日付けで提出しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/fFXkDKH7ci0D_11369/ifrs_140404021.html
(英文)[pdf:447KB]

◆  アジア・オセアニアIFRS会議の開催(2014年4月2日)

IFRS財団と、戦略パートナーであるシンガポールの会計基準審議会は、
2014年5月29日、30日にシンガポールでアジア・オセアニアIFRS会議を
開催することを公表しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/8dSEBCH7ci0D_11369/ifrs_140404022.html
(英文)

------------------------------------------------------------------------
□■ EFRAG(欧州財務報告諮問グループ) ■□

◆  IAS第28号の改定に関する懸念を表明(2014年3月28日)

EFRAGは、IASBに対して、IAS第28号「関連会社及び共同支配企業に対
する投資」の改定について、既存のIFRSと矛盾が生じる懸念を表明する
書簡を送付したことを公表しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/BjIqCcH7ci0D_11369/ifrs_140404023.html
(英文)

◆  IASB公開草案「IFRS For SMEs(中小企業向け国際財務報告基準の修正案)」
に対するEFRAGのコメントレターについてのフィードバック文書を公開
(2014年4月3日)

EFRAGは、IASB公開草案「IFRS For SMEs(中小企業向け国際財務報告基準
の修正案)」に対するEFRAGのコメントレターについてのフィードバック文
書を公開しました。
http://r31.smp.ne.jp/u/No/200126/Akb5ijH7ci0D_11369/ifrs_140404024.html
(英文)