保険数理サービス

!{ParentSector-In} アドバイザリー

主要な規制改革、現在進行中の経済の不確実性、技術がもたらす混乱、高まる消費者の期待は、保険会社にとって、収益性の鍵を握る課題となっています。私たちは、この変革の時代に、貴社が十分な情報に基づく意思決定するのをサポートします。  

EYができること

EYの業務は企業経営のダイナミクスに関する幅広い知識に立脚しています。私たちは、貴社と類似する企業がEYに解決を依頼した問題のうち最も一般的なものに対処するためのサービスを開発しています。

EYの幅広いグローバルな知識は、保険会社、銀行、年金基金、プライベート・エクイティ・ファーム、政府系ファンド、現地規制当局などとの協働の取り組みに由来します。業界が直面している課題にEYはたじろぎません。ですから、貴社にもできます。

EYのサービス

EYは保険業界のあらゆる規律にわたって真に統合されたサービスを提供します。サービス内容は以下の通りです。

  • 保険数理ロボティクス

    ロボティクス・プロセス・オートメーション(Robotics process automation、以下「RPA」)はサービス、品質、能率を向上させるためのパワフルなツールです。この分野におけるマーケットリーダーとして、EYはファイナンス・リスク・保険数理チームのクライアントをサポートしています。これらのクライアントは、この新たなテクノロジーが持つ可能性に対しても考えています。

  • 保険数理のトランスフォーメーションとオフショアリング

    保険会社は自社の保険数理システムを一つにまとめて、リスクと財務報告とを費用対効果に優れた方法で統合することを検討しています。

    保険会社は、保険数理システムを構築し、将来のランドスケープに歩みを進めるため、多額の投資を行っています。これらの投資には、標準化と自動化の改善、さらに選択的オフショアリングとシェアード・サービス・センターの利用も含まれます。

    私たちは、保険会社が自社の保険数理インフラを簡素化し費用対効果を上げることをサポートします。それは合理化の方法を特定し、あるいは保険数理と財務報告プロセスをオフショア/アウトソースする方法を特定することによって実行されます。

  • アナリティクス

    私たちは、統計学のトレーニングと大量のデータ(金融サービス、さらには他の業界が増加中)を分析することによって得られた実践的な業界経験を使って、分析的かつモデル化させた解決法を提供します。

    私たちは自分たちの分析能力とビジネス経験を用いて、複雑でまったく異なる事業上の問題、データ、情報、ガバナンスの問題を理解し、ビジネスに取り組むクライアントの意思決定能力を高めることができるシナリオのモデル化と分析を行います。私たちの分析とモデル化は以下の情報の把握に役立ちます

    • 金融・非金融対策面における変革に対する戦略的方向性と事例
    • 保険数理投資モデルの適用を通じた設計と価値におけるトレードオフなどを含む、トランスフォーメーションの設計
    • 業績またはリスク管理および利益管理をサポートする定量化、指標、その他の対策を通じた変革の実施とモニタリング
    • 統制サイクルの適用と事業報告への適切な尺度の埋め込みを通じたBAU(ビジネス・アズ・ユージュアル)
  • 監査と保証

    EYのアクチュアリーは保険会社の財務諸表に計上された保険数理項目の監査について専門的サポートを行います。

    監査業務で培った財務報告での幅広い経験によって、監査・保証チームのアクチュアリーは、新基準の適用、新システムの導入、既存の保険数理計算およびプロセスの正確性と有効性のレビューといった財務報告の技術・手続きの側面において、監査以外のクライアントもサポートできます。

  • バンキング&キャピタル・マーケッツ・クオンツ・アドバイザリー・サービス

    私たちは、銀行およびコモディティ業界を対象とした、信用リスク、市場リスク、業務リスクをカバーする定量的なリスク計測方法を開発し検証しています。

    また、広範な法人クライアントのために複雑なデリバティブ金融商品や仕組み債の価値評価も行っています。

  • 資本

    規制当局、投資家、格付け機関、社内のステークホルダーのいずれによるものかを問わず、保険会社の自己資本の必要性は数多くあり、かつ複雑です。

    保険会社は、現地および国際的な規制当局に加えて格付け機関とアナリストによる資本尺度の対象にもなります。私たちはクライアントと共に取り組んで多数の指標を理解し管理するためのサポートとともに、クライアントが自らの資本ニーズに対して独自の見解を形成するのをサポートします。

    自社の資本要件の計算にあたって複雑な社内モデルの運用が保険会社にますます期待されるようになっています。私たちはクライアントと協力してこれらモデルの構築とテスト、維持管理を支援し、また、その成果を伝達するサポートもしています。

    私たちはクライアントと一緒に取り組みながら、彼らのステークホルダーを管理するのをサポートします。その内容は、規制要件についての解釈や遵守から、社内モデルの質に関して取締役会レベルに安心感を与えることまであります。

  • サイバーリスクの計測と保険

    会社は、増加の一途をたどるサイバー攻撃の発生による不確実な影響に直面するにつれて、潜在的な侵害がもたらす金融リスクをもっと効果的に計測し管理することに目を向けています。

    標準化された侵害データやますます高度に複雑化するリスクの計測・管理技法の出現に伴って、サイバーリスクの問題は法人や保険業者にとって極めて重要なものとなっています。経験豊富なEYのサイバー・リスク・チームが保険引受とリスク金融戦略によって企業を支援します。

  • Fadata

    Fadataは急成長中の保険ITベンダーです。私たちは保険会社とFadataと密接に協力し、Fadataシステムの導入にあたって保険会社を支援します。保険数理リソースは、準備金積立、価格設定および引受業務など主要な保険および保険数理プロセスの製品構成や開発をサポートしています。

  • 財務報告

    重要な財務報告の変革が、国際財務報告基準IFRS第17号、IFRS第9号および財務会計基準第60号(FAS 60)の形式で進行中です。

    新たな報告に関する規定のミクロ・マクロの影響、報告数値の重要性、戦略・運営に対する広範な影響、および新たな経営目標を株主に伝達する方法などを理解することは、企業にとって極めて重要となります。私たちは、統合化された領域を横断するアプローチの一部である保険数理サービスを提供することで、企業が有効な社内外の報告枠組みを理解し準備するのをサポートします。

  • 損害保険会社の積立金のレビュー

    支払備金に関する積立金は大半の損害保険会社のバランスシートにおいて最も重要な項目であり、年ごとの積立金の増減が保険会社の利益の重要な部分となっていることはよくあります。

    さらに、支払備金に関する負債の見積もりは特にロングテールのクラスにとって、価格設定プロセスの不可欠な一部であり、保険会社の規制資本および経済資本計算の重要な構成要素となっています。

    私たちが支払備金の最初の見積もりを提供するか、外部ピアレビュー業務または監査の一部として見積もりをレビューするかを問わず、EYは優れた実務プロセスと世界中で首尾一貫したメソッドを適用し、より正確で信頼できる支払備金負債の見積もりをクライアントに提供します。

  • ヘルスケア

    コスト高騰と高齢化、インフラへのストレス、リソースの制約、規制転換などを背景に、医療保険会社は新たなサービスを開発し、組織運営のための新たな方法を見いださなくてはいけません。

    多様な国内のヘルスケア市場全体において、空前のリスクが存在する一方、テクノロジーの急速な進歩とデータ・分析の一段と洗練された利用のおかげで大きなチャンスも到来しています。

    ヘルスケアの「再構想」(re-imagine)に向けて、私たちはEYの実務(ライフサイエンス、公的部門ヘルスケア、保険、コンシューマー・プロダクト、エンジニアリング、先端テクノロジーなど)全般にわたって集まったストラテジストおよびプラクティショナーと共に取り組んでいます。

  • 投資アドバイザリー

    現在の低利回りかつ乱高下する市場環境にあって、保険会社と年金制度は革新的な投資を通じてリスク調整後のリターンを最大化しようとしており、財産・資産管理会社は価値を増加するために、投資家とのパートナー関係をかつてないほど密接にしています。

    EYのグローバル投資アドバイザリーチームは、投資ポートフォリオからより多くの価値を引き出すために、各セクターと共同で取り組む専門チームです。その方法は、ファイナンス、保険数理、会計、税金、定量的、バリュエーション、コーポレートファイナンスのバックグラウンドなどとリソース部門を一体化させることです。

  • 長寿

    多くの生命保険会社にとって鍵を握るリスクとなるのは「長寿リスク」です。年金保険商品では、長寿リスクは個々人が予想よりも長生きするリスクをいいます。

    私たちは、監査や保証の目的で長寿リスクを評価する実務担当者に役立つ、あるいは、アドバイザリーのクライアント向けの長寿リスクを移転するソリューションの数多くの側面で役に立つ、最新のトレンドと市場慣行に関するナレッジを共有します。

  • マネージドサービス

    私たちのマネージドサービスは、労働集約的だがコア業務でない作業をアウトソースまたはコソースするための戦略をクライアントが遂行するのを支援します。それらの作業は、日常の保険数理や保険引受業務に必要とされるものです。

    主要機能別の潜在的なアウトソースとコソースの仕組みには以下が含まれます。

    • プロダクト:レート・ファイリング、経験学習、管理サポート
    • 財務報告:有効なバリュエーション、調整および統制報告の実施
    • モデリング:モデル維持管理、プロダクション・ランの実施
    • リスク管理:継続的なモデル検証および顧客分析 
  • M&A

    会社は、自社のポートフォリオを再検討し、最適化する上で、より魅力的な事業を取得・統合し、他方で市場競争力のない事業を処分することを考えます。

    多くの保険市場において価値評価は低下し多国籍企業の戦略の転換に伴い、M&A市場はますます活況を呈しています。EYの実績豊富なトランザクション・アドバイザリー・サービス・チームと保険数理取引スキルにより、価値評価と合併後の統合で企業に役立つ総合的なサービスを提供します。

  • モデル構築

    保険数理モデリングは、社外的には財務報告用の負債積立、ソルベンシー、規制資本モデリングにとって、社内的にはリスク管理、ALM、事業立案、価格設定、エンベディッド・バリュー、非伝統的なモデリングのために、多くの分野での事業運営にとってますます重要なものとなりつつあります。

    EYのモデル・アドバイザリー・サービスは、モデル設計および適用から、レビューおよび評価、プロセスおよびガバナンス、効率性の強化、さらにプロダクションもカバーします。私たちはクライアントが自社のモデルを目的に適合させ、財務およびリスク機能の要求のサポートに効果的であり、将来の展開に対して拡張性のあるものをサポートします。

  • 年金および年金基金に関する助言

    会社、政府、年金基金管理会社(受託会社)は、設計、コスト管理、リスク緩和、ベストプラクティスのガバナンスといった分野における年金基金に関するサポートを常に求めています。EYはこれら全ての分野においてアドバイスを提供します。

  • プロダクト・イノベーション

    私たちは、ディスラプティブな技術、イノベーション、顧客に対する保険提案におけるトレンドに関して、市場の見通しを提供することでクライアントを支援します。

    EYの前向きなビジョンは、これらの変革をクライアントが上手に利用するためのサポートを可能にします。その内容は、カスタマー・オポチュニティーの分析、ニューウエーブの提案、価格設定の最適化などです。

  • リスク・サービス

    リスク管理は、世界的な規制の動向において、また、事業の継続的なレジリエンスと資本の効率的な配分を確保するための事業強化において、依然として主要なテーマであり続けています。

    私たちは、より適切な事業上の意思決定を継続的にサポートする、均整の取れた商業的に有効なリスク管理の枠組み設計と実施においてクライアントを支援します。私たちのソリューションには、リスク管理戦略、アペタイトとフレームワークの設計と実施が含まれます。これらには、リスクの識別、計測、緩和、モニタリングのためのプロセス、モデル、ツールなどを含みます。

  • 再建・破綻処理計画

    保険会社のレジリエンスを高め、失敗の影響を軽減するために、委員会と規制当局は主要市場の保険会社に対して、再建計画と破綻処理計画、さらには流動性リスク管理の一段の改善を求めています。

    私たちはこれらの重要トピックの主導的なアドバイザーであり、グローバルなシステム上重要な保険会社の大多数、複数の国際的に活動する保険グループ、数多くの国内大手保険会社をサポートしてきました。これらの問題にバランスよく動き、対処するベストな方法を保険会社が検討するにあたって、私たちは実証および試験済みのツール、確固たる方法論、規制に関する深い経験を用いて、計画を策定しその信頼性をテストするにあたってのサポートを提供し、破綻処理可能性評価を実施し、事業の継続性と改善の実現をサポートすることができます。

  • ストラクチャーの最適化

    さまざまな要因により、クライアントはリターンを最大化し、リスクを管理し、乱高下を減らし、バランスシーの資産・負債のマッチングを最適化するために大幅な変革を検討しています。

    私たちは、より効率的なストラクチャーで新規クライアントをサポートするため、財務、リスク、保険数理、会計、税金、M&Aのスキルセットを組み合わせた独自の提案を通じて、これらの問題に垣根を越えた実務と国際的なノウハウを持ち込みました。また、リスク調整後の資本利益率の分析や、投資家ダイアローグによるクライアントサポートについても助言します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。