ブロックチェーン・コンサルティング・サービス

> アドバイザリー

ブロックチェーンとは、ネットワーク上で行われる各取引の分散型台帳です。信頼できるデータ、つまり「共有された記録簿」を分散した状態でやり取りできます。

EYができること

ブロックチェーンは、分散したコンピューターネットワークにおいて共有されたpeer-to-peerデジタル資産取引です。取引の成立や決済が迅速化され、セキュリティも強化されます。ブロックチェーンには、ビジネスプロセスを合理化し、スピードアップさせるほか、サイバーセキュリティの強化、さらには仲介者の役割を完全になくせる可能性があります。

ひとまとめに保管すべきデータがそれぞれの出所に点在して保管され、データセキュリティが不足している場合、ブロックチェーンは選ぶべき選択肢になります。この技術を活用する利点には例えば、データの照合、標準化、統一化、リスク軽減などが挙げられます。

ブロックチェーンの主な特徴は次の3つです。

1.    分散型台帳

  • ネットワークの全参加者がすべての取引のコピーを持っている。
  • 改ざん防止のために取引が暗号化され、守られている。

2.   コンセンサスアルゴリズム

  • 単一のノードまたはサーバーが取引承認の役割を負っているのではなく、分散化された取引処理が行われる。
  • 入力は毎回検証され、ネットワーク上の全台帳に記録される。

3.    スマートコントラクト/プログラム可能な台帳

  • 取引はルール(いつ、どのように取引を処理するかを規定した小さなプログラム)に基づき送信できる。

私たちのブロックチェーン対応は成熟度評価から始まります。それぞれのサービスラインが以下の全社的進展を支持できるかをチェックします。

  1. 組織全体での認識。第1段階の目的は認識を高めること。共同でブロックチェーンの可能性を識別します。
  2. ブロックチェーン機会評価。第2段階のテーマは最も高い付加価値を与えられる応用事例、ユースケースの識別です。
  3. 変革ロードマップ。第3段階では、複数段階の変革ロードマップをまとめ、各項目の優先順位を決めます。
  4. 実行支援。この段階では、概念実証の定義付け・実行、試験運用、そして組織とバリューチェーンを含めた本番稼働をサポートします。

次の5つの項目について検討したことはありますか?

  • ブロックチェーンは、組織のバリューチェーンの価値をどう高められるのか。
  • ブロックチェーンは、2年後、5年後、10年後の組織にどのような影響を与えるか。
  • ブロックチェーンの導入によって、税務上または法的にどのような影響があるか。
  • 組織内にブロックチェーンアジェンダに抵抗する障害はあるか。
  • 社内でのプロダクトイノベーションは現在どのように行われているか。

EYのアドバイザリーチームがこうした重要項目に答えるお手伝いをします。私たちには優れた答えがあります。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。