データ保護

> アドバイザリー

有能なリーダーは、今まで以上に自社のデータ、およびプライバシー管理に対する責任を有するようになっています。 私たちは、貴社が内部ユーザーの行為によるデータ侵害を発見し、防止するためのお手伝いをします。

EYができること

貴社は大半の企業と同様に、大量のデータを収集しています。その多くは個人を特定できる個人情報です。このデータは、市場およびクライアントに関する洞察、商品・サービスオファリング、日常のオペレーションの根幹として、ますます価値ある資産となっています。組織がデジタルとビジネス・モデルを拡張する際に、特にその傾向は強くなります。

データ保護から生まれる事業価値は明らかですが、それと同様に、リスク選好、組織インフラ、プライバシーの成熟度に関する各組織独特のバランスを理解することも重要です。

私たちのデータ保護サービスは、貴社の事業上の問題や課題、新たなリスクに対応します。 クライアントのデータを保護し、売上を増加させ、ビジネス・プロセスを改善するためのサービスを連携させることで、一貫性と効率性を実現しています。

EYのデータ保護に関わるケイパビリティには以下が含まれます。

  • データ紛失リスクの評価
  • データ保護プログラムの評価
  • 戦略とロードマップを伴うデータ保護プログラムの開発
  • 価値の高い情報資産の識別
  • データ分類の開発と改善
  • ペイメント・カード・インダストリー(PCI:Payment card industry)プログラムの評価と改善
  • データ保護テクノロジーのベンダー選定
  • データ保護テクノロジーの導入
  • データ紛失防止のマネージド・サービス

ビジネスに及ぼす広範囲の影響が示すように、データ保護とプライバシーは事業戦略の要素となっており、経営者アジェンダの一部に含める必要があります。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。