モノのインターネットとオペレーション・テクノロジー・セキュリティ

> アドバイザリー

モノのインターネット(IoT)とは、あらゆる種類のマシンのネットワーク化が進むことで形成されているエコシステムを表します。

EYができること

モノのインターネット(以下「IoT」)とは、データの伝達、収集およびデータ交換のために導入されたソフトウエアとセンサーを用いた、デバイス(あらゆるデバイス)のインターネットへの接続のことです。IoTによって世界は広く開かれ、家庭や職場、遊びで事実上無限に連なる可能性と接続が提供されることとなります。

家庭で日常的に使用されるデバイス、事務機器、モバイルおよびウエアラブルの技術、自動車、工場全体およびサプライチェーン、さらには都市インフラといったマシンにおけるネットワーキング機能は向上し続けています。

IoTの概念が導入されるまで、ヒト、プロセス、データ、モノは別々に動作するものでした。しかし、現代では、マシンからマシンへ、ヒトからマシンへ、ヒトからヒトへという複数の関係を協調させる時代を迎え、接続ははるかに容易になっています。

IoTによってもたらされる可能性は拡大しており、サイエンスフィクションを現実のものにしようとしているように見えます。しかし、IoTによる情報共有とアクセスのしやすさによって、企業は標的としてサイバー攻撃にさらされやすくなります。そのため、IoTによる膨大な利益と増大するリスクとを比較検討しなければなりません。以下は主な課題の一部です。

  • 規制
  • サイバーセキュリティ
  • プライバシー
  • 法律
  • 基準
  • 拡張性

私たちは、IoTおよび産業の成長に向けて強固なサイバーセキュリティ戦略を評価、設計、実施するためのお手伝いができます。

the ever-expanding IOT world

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。