EYスマートファクトリー

> アドバイザリー

人間中心のデジタルプラットフォームと実行アプリケーションが可能にする、EYスマートファクトリーは、製造現場に 動的予測データアナリティクス、VR、AIを取り入れることによって、これまでにないパフォーマンスを実現します。

EYができること

マージンへの圧力と変化する消費者ニーズに対応するビジネス環境において、製造部門のパフォーマンスはかつてないほど重要視されています。サプライチェーン責任者を悩ませる4つの課題には次のようなものがあります。

  • オペレーショナルエクセレンスの改善
  • 複数のラインやオペレーションでの配置の拡張性とスピード
  • IoT(モノのインターネット)の投資利益率(ROI)
  • パフォーマンス重視型文化の醸成

その答えとして、ディスラプティブテクノロジーを歓迎する声も一部にはありますが、新しいテクノロジーを導入するだけでは課題は改善しません。真のパフォーマンスの改善は人によってもたらされます。適切なプロセスと適切なトレーニングがあることで、新しいテクノロジーによる意思決定が可能となるのです。

EYスマートファクトリーは、製造部門責任者が取り組むグローバル・オペレーショナルエクセレンス・プログラムの構築、実施、推進を、連結された中央一元管理システムの中でサポートします。優れた実務手法、方法論、ツール、トレーニング、アナリティクスが蓄積された広範なデータベースにアクセスできるほか、統合型ソリューションがパフォーマンス改善の追跡、持続を可能にし、全てのワークフォースがなぜ改善が必要なのか、いつ、誰が、何をすべきかを理解できるようになります。

EYスマートファクトリーの活用によって、コストとキャッシュフローの持続的改善、製造の信頼性強化、デジタルが駆使された製造現場、さらには、情報と手段を手に入れた、意欲の高いより積極的な現場を実現できます。

EYスマートファクトリーのケイパビリティは以下のようなものです。

  • 製造チェーンのどこからでも確認できるリアルタイム、オンデマンド型のパフォーマンス進捗レポートを提供
  • 物理的プロセス管理を改善するための情報と技術
  • プロセスの精緻化と高度な分析による、製造状況の詳細な把握
  • 状況に柔軟に応じられる事前対応型製造プロセスの実現
  • サプライヤーや顧客とのエンド・ツー・エンド統合を円滑化

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。