アンチマネーローンダリングにおけるスクリーニング

> 銀行・証券

EYのソリューションは正しく規制対象者を検知し、誤検知を減らすと同時に、アラート調査・処理を優先的に実⾏します。ルールベースのモデルではなく、高度なデジタル技術と分析技術をソリューションに組み込んでいるほか、EYの熟練した人材とプロセスによってサポートされています。

EYができること

スクリーニングは、アンチマネーロンダリング(AML)・コンプライアンス・プログラムおよび金融犯罪との闘いに欠かせない要素です。制裁対象者や監視対象者リスト、重要な公的地位を有する者(PEP)、ネガティブニュースのリストと照合して顧客を綿密に審査することが銀⾏に求められています。また、贈収賄と汚職の防止に向けた取り組みや、銀行が取引先やベンダー、エージェント、ビジネスパートナーをスクリーニングする第三者リスクの管理プログラムにおいても、スクリーニングが必要とされます。

⼀⽅、複雑さが増し、データ量が急増し、規制要件も増えている中、顧客と取引に対するスクリーニングは、コストが上昇する反⾯、効果は低下しています。旧式のテクノロジーと手作業によるプロセスも大きな問題です。さらに、銀行の多くが、重要なデータ要素の質や、業界の標準やベンチマークと比べたスクリーニングエンジンの有効性を明確に把握していません。

誤検知が急激に増えると、銀⾏はそのリソースを最もリスクの⾼い案件に集中的に投入させることが難しくなります。また、オンボーディング(⼝座開設などの取引開始)のプロセスに時間がかかりすぎれば、顧客満⾜度を低下させてしまうリスクも⽣じます。

EYのスクリーニングサービスでは、誤検知が最⼤70%削減されるとともに、正しい検出を知らせるアラートの識別を⼤幅に改善させることができるため、コストの懸念に対処し、効果を⾼め、顧客満足度を向上させることが可能となります。

先進テクノロジーが実現するリストスクリーニングのサービスは以下の通りです。

なぜEYなのか

⾦融犯罪を阻止する闘いにおいて世界をリードするEYが、3,800⼈を超える業界と専⾨分野のプロフェッショナルを世界中から集めてチームを構成しました。皆さまに豊富な知見を提供し、規制当局と強固な関係を築きます。

  • 実績ある手法、テクノロジー、プロセスでグローバル組織をサポートし、迅速な対応を取るための支援を行います。
  • 豊富な経験を備えたチームは、⾼い検査基準を満たすためにスクリーニングプログラムをどのように設計、実装、管理すべきかを熟知したシニアリーダー、熟練した規制、技術、運⽤⾯のプロフェッショナルなどで構成されています。
  • 顧客管理や取引のモニタリング、統制テストなど、⾦融犯罪の幅広い領域で実績を上げています。
  • EYのアプローチは、クラウドやウェブベースのサービス、またはオンプレミスの設置など、組織の具体的ニーズを満たすために柔軟かつ拡張可能な提供が可能です。
  • 世界各地に設置されたサービスセンターが、世界中のオンショア、ニアショア、オフショアで一貫した機能と品質を提供し、既存の要求に応じると同時に、デリバリー、リスク、コスト要件の遵守を支援します。

EYでは、EYスクリーニングサービスの基盤として設立した固有の⾦融犯罪コンプライアンスプラットフォームに1億⽶ドルを投資しています。業界の基準と統制⼿段に基づくこのプラットフォームは、銀⾏が⼤規模かつ複雑なデータセットをそのスクリーニングプログラムに取り込み、分析をより正確に⾏うことができるよう、AIと機械学習の利⽤を促進します。

金融犯罪との闘いにおいて銀行を支援するために、EYは他にも以下のサービスを提供しています。

企業を守る

EYは、サイバーリスク、不正、金融犯罪、データプライバシーおよび保護リスクなど、大規模かつ拡大するさまざまなリスクから企業を守る支援を行います。

金融サービスにおける企業保護の最新の見解をご紹介します。

詳細を表示

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。