Global Capital Confidence Barometer

EYが実施したM&Aトレンド調査によれば、今日の経営環境について、不確実性にあふれているということだけは確実であると考えられているようです。戦略的な意思決定に様々な選択肢を組み込むことが企業における成長促進の鍵となります。 

地政学上のリスク、貿易や関税規制の見直し、進展する経済政策に加え、継続的なデジタルトランスフォーメーションの必要性は、企業にとって障壁ともなり、また良い機会ともなり得ます。企業のPurpose(目的)・存在意義もまた、事業戦略の核となりつつあります。経営幹部は互いに影響を与え合う多数の課題に積極的に取り組み、解決の方向性を導き出す必要があります。

今回の調査における知見をご覧頂き、なぜ戦略的意思決定において選択肢を増やすことが優れたM&Aを推進し、企業成長をもたらすのか、ということを学びましょう。

    Wingsuit flying Grenchen Bern Switzerland

    セクター、国・地域、ボードルームの視点

    経済見通し、ビジネスの成長そしてM&Aについて上級幹部2,900名の知見をご覧ください。最新のレポートをご覧ください。

    第21回キャピタルコンフィデンス調査をダウンロードする

    PDFをダウンロードする

    Contact us

    より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。