グローバル・キャピタル・コンフィデンス調査

EYが実施したグローバルM&A戦略に関する最新の調査によると、企業のトップは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらしている影響に目を向けるだけでなく、その先を見据え、将来に向けて計画を立てる必要性があります。

新型コロナウイルス感染症によって、今までになかった脆弱性や予期せぬ難題が出現しています。バリューチェーンの収益および収益性の全体的な影響は、今なお極めて不確実性の高い状況です。状況が明確になれば、企業は今までにない迅速さで、事業の再構築、再開発、再生に向けて動き出すでしょう。そして、「現在」、「次」の後は「その先」に着目し、資本配分の再構成、ポートフォリオの変革、M&Aの推進などのトランスフォーメーションを活性化させるでしょう。

回復期にある市場でさらに迅速な成長を促す手段としてM&Aは依然として重要な意味を持っています。その理由については、第22回グローバル・キャピタル・コンフィデンス調査の完全版でご確認ください。

    各セクターおよび国・地域からの視点

    ビジネスリーダーが現在の環境においてどのように対応しているか以下よりご覧ください。

    国・地域

    日本

    支援が必要な場合はお問い合わせください。

    第22回グローバル・キャピタル・コンフィデンス調査をダウンロードする

    PDFをダウンロードする

    新型コロナウイルス感染症の影響に関するEYの最新の見解

    ニュースレターで最新情報をご覧ください。

    登録する