CEO Imperative Study

EYのCEO Imperative Studyは、Forbes Global 2000企業のCEO 305名を対象に調査を実施し、未来志向型企業のDNAについて、CEOの視点を明らかにします。

連絡する

EYのコンサルティングサービスは、人材、テクノロジー、イノベーションの力を活用し、ビジネスの変革をサポートします。

今回のパンデミックによって、デジタル主導のトランスフォーメーションから消費者行動の変化、長期的価値に一層の重点が置かれるようになるなど、これまでにCEOの議題として挙がっていたトレンドが本格化しました。対処すべきものは、かつては重要な課題でしたが、今や喫緊の課題とシフトしています。

成長する企業と伸び悩む企業の分化が急速に進んでいます。トランスフォーメーションを実現し、さらなる飛躍を遂げるためにCEOがこの機会を捉えなければ、取り残されてしまうリスクがあります。

成長していく企業の新たなDNAが解明されようとしています。CEOは、トランスフォーメーションと成長に向けて軸足を移す準備ができていますが、意図することを思い通りに実行へ移すにあたっては、能力のギャップに対処しなければなりません。

CEO Imperative Study 2018

ディスラプションを起こし、一方で受け入れる方法とは?

 

ダウンロード(英語版のみ)

CEO Imperative Study 2019

世界が直面する喫緊の課題 — CEOはそれをいつまで他人任せにできるのか?

ダウンロード(英語版のみ)