従業員の健康と幸福

    COVID-19 エンタープライズ・レジリエンス・チェックリスト

    新型コロナウイルス感染症のパンデミックを乗り越え、現在から次へ、さらにその先へと前進するには、組織にとって最も価値のある資産である人材に注力しなくてはなりません。チェックリストと洞察、従業員の健康と安全についての詳細を確認してください。

    重要な検討課題

    公衆衛生上の脅威から従業員を保護することに力を注ぐ。

    • 国内外の公衆衛生ガイドラインから通知されたパンデミックの期間を通じ、従業員に向けて指導的なコミュニケーションを取り、連携する
    • 新型コロナウイルス感染症の症状や予防について従業員を教育する:病気による休暇の規則を見直し、感染拡大期間を通じて従業員をサポートする手順を確立する
    • ITと協力し、安全なリモートワーク環境の実現を支援する
    • 職場で仕事を続ける必要がある場合は、担当者と協力し、防疫対策(個人用保護具、衛生設備など)を提供する
    • 移動中に「立ち往生」した従業員と、世界各国を移動する従業員とその家族を特定し、サポートする

    従業員の信頼を維持し、ディスラプションを乗り越えることに注力する。

    • リモートでチームを管理する方法について従業員を教育する
    • 従業員の医療給付金に関する認識と活用、隔離、育児の責任など、従業員の健康問題に対応する戦略を策定し実行する
    • 仮想コミュニティを奨励・サポートして、従業員同士のつながりを支援する
    • リモートワークに関する簡単な調査を定期的に実施し、分析ツールを活用して感情と生産性を測定する
    • 新たな移動制限と、従業員や業務への影響を理解する
    • 労働力を維持しつつ、短期的に生産力を削減する方法(時短勤務、一時帰休など)を工夫して考える

    ニューノーマルに対応し、会社が将来のディスラプションに適切に対応できるようにする。

    • 新たなシナリオを組み込み、得られた教訓を集めて、将来の危機によりよく対応できるよう事業計画を適応させる
    • エンプロイーエクスペリエンス(従業員体験)について見直し、従業員に反応を求める
    • 健康(福祉)に関する方針と業務慣行を企業のDNAに組み込む
    • 予防的ケアに積極的に取り組む従業員のためのインセンティブを設ける
    • 可能な場合には、職場や施設の評価を実施して、将来の公衆衛生上の脅威からもたらされる影響を軽減する
    • 新しい製品やサービスを導入することにより、人材の価値やビジネスの成果を引き出す重要な部門としての人事の役割を強調する
    • アジャイル能力・デジタル能力の向上と習得を学習戦略に組み込む

    サポートが必要な方は、ご連絡ください。

    危機管理、事業の継続、レジリエンスの構築をサポートします。

     

    お問い合わせ

    新型コロナウイルス感染症危機を乗り越えるために

    EYは、重要な問題提起を通じ、効果的な事業の継続とレジリエンス(回復力/復元力)を実現します。

    詳しい内容を知る