保険と法的紛争

    COVID-19 エンタープライズ・レジリエンス・チェックリスト

    現在から次へ、さらにその先へと、皆さまの前進をサポートします。

    保険および法的紛争:重要な検討課題

    ステークホルダーとの信頼に基づいたコミュニケーションに力を注ぐ。

    • リモートワークの従業員、投資家、顧客、その他重要なステークホルダーと定期的にやりとりする
    • 危機管理チームと連携し、条件やリスクを評価してコミュニケーションをとる
    • 影響を被った顧客や地域社会を把握し、必要な支援活動を特定する(旅行保険、商業用不動産・事業の中断、キャンセル補償、与信枠など)
    • 感染症まん延の影響をより強く受けているセクターを支援する(航空産業、自動車産業、個人の家計、貨物、エネルギー産業、医療過誤など)
    • リスク評価で特定した、支払い能力、流動性、引き受けの問題に対処するため、管理チームや財務チームと連携する

    顧客のリスク管理と社会の安定に力を注ぐ。

    • プロセス、手続き、人材、ITやデジタルの進歩、安定に向けた支援を行う
    • 引き受けのリスクを管理または軽減するため、リスク管理、ベストプラクティス、データに関して顧客をサポートする
    • 市場金利の低下局面において、支払い能力、株式、信用を維持する
    • ステークホルダー、当局、サードパーティーに進捗状況を積極的に伝える
    • 規制緩和や格付け機関の動きに注目する
    • 変化した需要パターンと、新たな成長機会に投資する
    • 販売と販売チャネルを効果的に管理する(従来の対面方式以外を検討)

    保障を提供するだけではなく、変革推進部門として機能し、新たに到来する既知・未知のリスクに世界が対応できるようにする。

    • 事業をさらに長期的に見通し、新たな戦略を構築する
    • インテリジェントなデータ活用とテクノロジーを通じて、新たな世界が直面するさまざまな課題の解決策となる商品を開発する
    • ITシステムの規模を調整し、今後起こり得る新たなディスラプションにITシステムを適合させるための人材を用意する
    • 保険の目的について、ステークホルダーや顧客に明確に伝える
    • 現時点で予測できないリスクにも目を配りながら、世界が、今後発生する既知のリスクを変化させ、対処し、制御できるよう、現在の財務・経営面の強みを生かす

    新型コロナウイルス感染症危機を乗り越えるために

    EYは、重要な問題提起を通じ、効果的な事業の継続とレジリエンス(回復力/復元力)を実現します。

    詳しい内容を知る

    サポートが必要な方は、ご連絡ください。

    危機管理、事業の継続、レジリエンスの構築をサポートします。

     

    お問い合わせ