The Disrupters:テクノロジーやデータによって都市はどう弾力的になれるのか

再生 動画
1 分 2018.04.06
執筆者

Economist Films

Native news outlet

Economist Films is a video initiative launched in 2015 to truly express The Economist brand within moving image.

1 分 2018.04.06

リソースを表示

現代の都市生活が抱える課題に立ち向かうため、そしてテクノロジーが都市の未来をどう作り変えるかを知るために、データにどのような力があるのか考えてみましょう。

テックス・アンド・ザ・シティー (テクノロジーと都市)

2050年までに、世界の人口の3分の2の人々が、都市部に住むことになるといわれています。今、人類の歴史において、かつてないほどの速い速度で都市化が起こっています。そうした都市が直面している、混雑や汚染、住宅の不足やエネルギー消費といった課題の規模もまた、加速度的に大きくなっています。

韓国のソウル市は、リアルタイムデータや最新のセンサーテクノロジーを利用して都市の効率化を図るなど、市政の中心にイノベーションを掲げることで、こうした課題に挑戦している都市政府の一つです。

ナイロビなど発展途上国の多くの都市では、自分の街で起こっている過剰インフラに対応しようと、市民がスマートフォン技術を使用してデータ主導のソリューションを見つけようとしています。

一方、米国や世界中の先進的なイノベーターは、データ主導のテクノロジーが、起こってもいない問題を予測できてしまうのではないか、と心配しています。彼らはみな、現代のメガシティーが直面する課題に、テクノロジーを利用して対応する新たな方法を探し、未来の都市の姿を作り出そうと模索しているのです。

都市の未来について、また弾力性のある都市計画の必要性についての考察はこちらからお読みいただけます。

この映画、記事はEYの後援の下でEconomist Filmsが作成したものです。

The Disruptersについて

The Disrupters では世界で最も確立された業界が直面する、変化というプレッシャーを探求しています。成功する企業はどのように進化し、脅威をチャンスに変えているのでしょうか。今日私たちが消費する3分の2のものは、25年前には存在していませんでした。変化や廃退、リニューアルのペースはいまだ加速し続けています。産業全体が、かつてないほどに、開放、革新、自己改革という問題に直面しています。The Disruptersでは、挑戦を始めた人々、そうした人々を見送る役割の人々といったように、歴史の両面にいる人々を見ることができます。彼らが直面する破壊的な変化の不安定で絶え間ない様相を体験しながら、不確実さと変革的な可能性との両方を味わっていただけることでしょう。

サマリー

市民と関わりスマートソリューションを利用することでイノベーションを続ける都市は、破壊的な都市化に対し弾力的となっています。

この記事について

執筆者

Economist Films

Native news outlet

Economist Films is a video initiative launched in 2015 to truly express The Economist brand within moving image.