障がい者活躍推進

EY Japanは、障がいを持ったメンバーが能力を最大限に発揮できるようサポートしています。
ユニバーサルデザインに基づいたオフィス設計やテクノロジーを利用したサポートの促進を目指し、環境改善の取組みを進めています。
会計士であり弁護士であったEYの共同創業者アーサー・ヤングは、聴覚と視覚に障害があり、自ら起業して会計士という職業を専門職にまで高めました。

要約筆記

聴覚に障がいを持つメンバーのため、話し手の言葉をテキスト化しモニターに投影する要約筆記を行っています。
的確な情報伝達と円滑なコミュニケーション推進のため、社内ボランティアが一役かっています。

手話講習会

EY Japanでは、ろう者のメンバーが講師となって定期的に手話講習会を開催しています。日常生活で使える手話やろう文化の講義を通じて、職場におけるコミュニケーションと相互理解を推進しています。

国際障がい者デー

12月3日の国際障がい者デーには世界中のEYファームが一丸となり、障がい者活躍推進の情報発信、啓発活動、イベントなどのキャンペーンを実施しています。

お問い合わせ

EYのダイバーシティ&インクルーシブネス(D&I)に関するお問い合わせは、
以下までお寄せください。