EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2022 ジャパン

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter

対象となるアントレプレナー像:

社会に対して革新的な価値をもたらした全ての事業家

  • 創業者
  • 代々続くファミリービジネス(同族経営企業)で経営に革新をもたらした事業家
  • 革新的な経営で成果を挙げた事業家
  • 日本で起業した外国人事業家

など、幅広くアントレプレナーのみなさまが対象となります。

表彰カテゴリー

3部門の中から最終的に1組の日本代表が選出されます。

マスター・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー部門

  • 業界や市場を代表する存在。
  • 全てのアントレプレナーのロールモデルとなる存在。
  • 海外で企業活動を展開し、グローバルな影響力を有する。
  • ビジネスモデルの競争優位性・技術力・マーケティング力が国内外で注目されている。


エクセプショナル・グロース部門

  • 事業を成功に導き、注目度が高まっている、あるいは注目されている存在。
  • 後進のアントレプレナーのロールモデルとなる存在。
  • 海外で一定の影響力を有し、さらなる展開・拡大を予定している。
  • 革新的な技術やビジネスモデルによって事業を展開し、成果を挙げている。
  • 著しい成長を遂げた、あるいは成長途上であり、今後さらなる成長が期待されるアントレプレナー。

リージョナル・バイタライゼーション・リーダー部門

  • 地域で実績を挙げ、さまざまな貢献をもたらしている。
  • 地域発の新たな価値、唯一無二の価値などを創出し、日本や世界へ影響を及ぼしてしている。
  • 伝統とイノベーションの融合により、日本や世界に誇れる技術力やビジネスモデルを有し、持続可能な経営を実現している。
  • 雇用を生み出し、コミュニティと共に成長を続けることで長期的な価値をもたらし、地域社会を創っている。
図:表彰カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせは、EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー運営事務局までお願いいたします。