インフラストラクチャー

EY のインフラストラクチャー・アドバイザリー・チームはクライアントが直面する大規模なインフラ事業における、資金調達、戦略、および官民連携パートナーシップ(PPP)に関する課題に対するアドバイザリーサービスを提供します。

将来予測によると、2050年までに開発されるインフラ施設、構築物、設備の75%が、現時点では存在していません。

インフラ投資およびインフラ施設のサステナビリティに重点をおいた開発は、世界中の政府にとって最優先事項です。新興国では急速な都市化と人口増加に伴い、新たなインフラ施設の構築が急がれます。一方で、先進国ではインフラ施設、設備の老朽化、需要の減少などの観点から、継続的なインフラ投資が求められています。

昨今、スマートシティーは都市の成長、IT(テクノロジー)、インフラの架け橋となり、さまざまなイノベーションを創出し、これまでにない投資機会とチャレンジを内包するものとして注目されています。

EYのインフラストラクチャー・アドバイザリー・チームは国内外の投資家、事業主が直面する資金調達、戦略、官民連携パートナーシップ(PPP)に関わるアドバイザリーサービスを提供し、インフラ事業のあらゆる局面において支援します。