高度なアナリティクス

> 金融サービス

AIおよび高度なアナリティクスに関するEYのサービスは、自然言語処理、ナレッジグラフ、機械学習といった最先端のアプローチに基づいています。EYのアプローチは、金融業界の真のニーズに応えるための深い専門知識に裏打ちされた実用的なものです。

EYができること

人工知能(AI)と高度なアナリティクスは、金融機関が顧客とやり取りする方法や組織の運営方法を変革しようとしています。それらは、昨日までは不可能だったことを明日には当たり前のことにすることができるツールを金融機関に提供しているのです。

金融機関は、高度なアナリティクスによって事業戦略に役立つ情報が得られ、業務のパフォーマンスを改善できる可能性があります。データを構造化し、処理し、読み取り、データからインサイトを導き出す能力は、組織の存続の根幹に関わります。

EYはこのプロセスを最前線から支え、銀行、資産運用会社、保険会社などの金融機関が、将来、AIに対応できる組織になれるよう支援しています。クライアントの皆さまがデータ活用に重点を置いた組織へと生まれ変わるプロセスのどの段階にあったとしても問題ありません。私たちはAI、自然言語処理、ナレッジグラフ、機械学習、ロボッティック・プロセス・オートメーション(RPA)、インテリジェントオートメーションといった最先端のプラクティスに基づいて、クライアントの皆さまに向けてカスタマイズした、拡張性のある革新的なアプローチを開発します。そしてEYの専門分野における経験値や技術に関する見識、技術にとらわれることのないアプローチを融合させることにより、組織全体の複雑な問題を解決するために役立つスキルを金融機関に提供します。

高度なアナリティクスを用いたソリューションを導入することで得られるさまざまなメリットは以下の通りです。

  • 顧客の全体像を把握することで、個々に合わせたカスタマーエクスペリエンスを創出
  • 新規顧客を獲得し、関係性を深め、ロイヤルティーを高めることで収益性を向上
  • 有害なインシデントや行動をタイムリーに検出できるアナリティクスによる、リスクの低減とコンプライアンスの向上
  • 不要な手順をなくし、手作業を自動化することでオペレーションの改善と高度化

EYのアプローチ

EYでは、アナリティクスにおいてはビジネス上の問題を正しい⼿法で明確にすることが、その後に続く統計的・数学的・技術的なソリューションと同程度に重要であると考えています。私たちは、現場で確認できるソリューションを主眼としたラピッドプロトタイピング⼿法によって、さまざまな機会を検証するとともに、変化を遂げるための事例をつくり、機運を⾼めることができるようサポートします。

EYの高度なアナリティクスサービスを提供するチームは、チェンジマネジメントを活用して、クライアントがこれらのソリューションのあらゆるメリットを享受できるよう支援します。また、制限を設けることなく、エンドユーザーを巻き込んで展開していくことにより、最終的な導入と成功の確率を高めます。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。