ニュースリリース

2020年2月3日

EY、IDC社の調査レポート「IDC MarketScape」において、チェンジマネジメントに関するコンサルティングサービスのグローバルリーダーに選出

プレス窓口

EY Japan

複合的サービスを提供するプロフェッショナル・サービス・ファーム

EYは、グローバルに連携した複合的サービスを提供するプロフェッショナル・サービス・ファームです。

EYは、米国調査会社のIDC社が発表した「IDC MarketScape: Worldwide Change Consulting Services 2019の ベンダー評価」レポートにおいて、チェンジマネジメントに関するコンサルティングサービスの世界的リーダーに選出されたことをお知らせします。本調査は、チェンジマネジメントに関するコンサルティングポートフォリオを幅広く展開し、グローバル全体や地域レベルで重要な役割を果たしている大手コンサルティングファーム5社に対して実施されました。

EYは、本レポートの中で、クライアントからもIDC社のアナリストチームからも、「プロフェッショナルチームは高い資質を備えており、優れたサービス提供能力を発揮している」と評価されています。また、絶えず変化する環境で最新の課題を常に把握し、最新のアプローチで最新のインサイトをクライアントに提供できるようにするためにEYが継続的に行なっているコンサルタントのスキル再構築や強化に向けた取り組みについても非常に高く評価しています。

EYのグローバル・ピープル・アドバイザリー・サービスのリーダーであるMike Bertolinoは、次のように述べています。

「EYでは、"人材"を全ての変革アプローチの重要な柱のひとつとして位置づけています。エンプロイーエクスペリエンスへの一貫したフォーカスは、変革の実行プロセスの各フェーズで確かな効果をもたらし、最終的により良い企業への変革につながります。EYのプロフェッショナルチームは、エンプロイーエクスペリエンスを柱とするアプローチとカスタマイズ可能なテクノロジーを駆使したソリューションを組み合わせて、絶え間なく繰り返される"変化のサイクル"にクライアントが効果的に適応できるよう、必要なインサイトをクライアントと共有しています。今回、市場から頂いた評価は、EYが展開する戦略の意義を示す証しであり、EYが積み重ねてきた努力を認めてもらえたことを嬉しく思います。」

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングのジャパン・ピープル・アドバイザリー・サービスのリーダーである鵜澤 慎一郎は、次のように述べています。

「私たちが最も大事にしている"人に焦点を当てた変革アプローチ"を市場から高く評価いただいたことに感謝いたします。本格的なデジタル時代が到来した今こそ、ヒトの力で未来を変える―デジタルテクノロジーによる破壊的イノベーション時代の到来は、人間の進化が今こそ求められていることを意味します。日本においてもグローバルビジネス対応やデジタル化推進、大規模・複雑な組織再編など、数多くの大規模・複雑な変革プロジェクトでチェンジマネジメント領域のコンサルティングは重要な機能を担っており、今後様々な場面で活用が広がる見通しです。」

IDC社のWorldwide Business Consulting ServicesのシニアリサーチアナリストであるBjoern Stengel氏は、次のように述べています。

「組織や企業文化の変革にフォーカスしたコンサルティングサービスは、デジタル変革を成功に導く上で非常に重要な要素になっています。クライアントは、とりわけ、チェンジマネジメントに関するコンサルティング・プロジェクトに高い関心を示しており、アジャイルなビジネスモデルを構築して、より効果的かつ効率的にビジネスを創出し、経費を削減し、ビジネス変革を成功に導くためのサポートを求めています。」

EYのチェンジマネジメント支援サービスに関する詳しい情報は、以下EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社のウェブサイトをご覧ください。

www.eyjapan.jp/advisory/ EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

※本プレスリリースは、2019年12月19日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

英語版プレスリリース:

EY named a leader in Worldwide Change Consulting Services by IDC MarketScape ey.comウェブサイトへ

EYについて

EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつグローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisory/ をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

EY Japan BMC  (Brand, Marketing and Communications) 

報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)