ニュースリリース

2020年7月29日

EY Japan、テレワーク支援として「ウェルビーイングのノウハウ」を公開(第五弾最終回)

プレス窓口

EY Japan

複合的サービスを提供するプロフェッショナル・サービス・ファーム

EYは、グローバルに連携した複合的サービスを提供するプロフェッショナル・サービス・ファームです。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小池雅美)は、危機管理環境下で多くの企業や従業員が試行錯誤するテレワーク関連の新たな情報提供(第五弾最終回)として、「リモートワーク下でのウェルビーイング」のノウハウを公開したことをお知らせします。

ウェルビーイングとは、幸福感や肉体的、精神的、社会的に良好な健康状態を意味する社会福祉の専門用語でしたが、ニューノーマル(新常態)の世界になり、企業が新型コロナウイルス感染症から従業員を守ることや仕事と家庭を両立しながらリモート環境で働くことができる環境を作ることが急務なことから、ビジネス界でも着目されています。

EY Japanでは、テレワーク環境下における社員のウェルビーイングを保つことを目的に、数多くの取り組みをリモート環境で行っており、今回はその実績やノウハウを公開しました。

実例に基づき、パルスサーベイ(※1)を活用した従業員の動向把握やアクションプラン実行のノウハウをEY、参天製薬株式会社、クアルトリクス社の3社による動画対談形式のご紹介や前回に続いてセルフコンディショニングを高める工夫シリーズで、リモートオフィス環境の作り方をわかりやすく解説しています。

EY Japan ピープル・アドバイザリー・サービス(組織・人事コンサルティング部門)のリードパートナー鵜澤 慎一郎は次のように述べています。

「日本における働き方改革の第二章ともいえるタイミングだからこそ、先進的な働き方を先行して実践してきたプロフェッショナルファームの知見や経験を社会還元したいという想いから始めた毎月の情報発信も今回の第五弾で一つの区切りとなります。これらの情報発信やノウハウ提供が多くの方に活用されて、旧態依然の組織・人事マネジメントを見直す好機になることになれば幸いです」

 

さらなる詳しい情報は、以下のウェブサイトをご覧ください。
www.eyadvisory.co.jp/services/pas/telework/

 

※1:「パルスサーベイ」とは、簡易的な調査を短期間に繰り返し実施する調査手法であり、主に従業員の満足度調査に用いられる

EYについて

EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.comをご覧ください。

EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつグローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisoryをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

EY Japan BMC  (Brand, Marketing and Communications) 

報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)