インテリジェントオートメーション

> 石油・天然ガス

最終的な目標は技術のための自動化ではありません。石油・ガス会社が生き残るには、すべての部門で機械の能力と人間の能力の理想的な組み合わせを追求し、その結果生じる生産性の向上を利用して、業績を改善できる業務に従業員を配備し直す必要があります。

EYができること

EYは、企業全体に価値をもたらすインテリジェント・オートメーションの導入を支援します。私たちは、ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド・コンピューティングといったインテリジェンス主導型のオートメーションと人間の労働力を統合することによって、これを実行します。

インテリジェント・オートメーションは単なるデジタル・ツールの導入ではありません。事業目的を達成しようと努力する中で、会社が持続的に学習し、変化し、成長することを可能にする新たな思考様式です。さらに、熟練した人材とデジタル労働者をスマートに組み合わせながら新たなテクノロジーフル活用し、多種多様なテクノロジーから最も優れた部分を引き出します。人がテクノロジーとシームレスに協業するスキルとマインドセットを備えた時、インテリジェント・オートメーションを導入することの価値は現実のものとなります。

石油ガス業界のエグゼクティブは、デジタル戦略がもたらす結果や課題を理解し始めています。全世界の石油ガス業界のエグゼクティブを対象に実施したEYの調査では、近い将来の役員会議において、デジタル技術の影響が最も検討すべき事項になるだろう、との回答が示されました。今後石油ガス会社に求められるスキルがシフトすると考えている回答者も3分の2近くに上りました。

インテリジェント・オートメーションにより、石油ガス業界の現場、および財務、会計、人事リソース等のサポート部門において、さまざまなルーティン業務が自動化され、従業員の業務はデータ収集や報告業務から、より付加価値の高い活動へとシフトすることになります。

このシフトにより、業界の一部の仕事は必要がなくなるかもしれません。 同時に、異なるスキルセットを必要とする新たな仕事が生まれるでしょう。

インテリジェント・オートメーションは新たな思考様式です。私たちEYが、インテリジェント・オートメーションの導入を支援します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。