金融犯罪対応において私たちは、先端的なデータ分析技術や犯罪手口の高度化に対応するサイバーセキュリティ技術を駆使して支援します。 全ての人々が脅威から解放され、安心して暮らせる世界こそが私たちの望みです。

福田 厚司

EYJapan, Assurance (Forensics), Associate Partner

幅広いセクターのデジタル化と技術に関心を持つ。レガシーITの知見を有する。自称「IT考古学の発案者」。

フォレンジック・データ・アナリティクス・チームに所属し、フォレンジクス事業部の金融サービスセクターをリードするアソシエイトパートナー。現在は、主に大手金融機関におけるリスク/コンプライアンス関連案件のビジネス開発とデリバリーを実施する。

EYのメンバーファーム入所前は、コンサルティングファームやシステムインテグレーターで金融関連の業務やITコンサルティングに従事するほか、メガバンクや大手地銀を中心に、金融リスク管理、規制対応のための業務設計やIT開発プロジェクトを多数統括。また、大手金融機関におけるデータ品質管理・統合などのデータガバナンスコンサルティングをリードし、AML/CFT領域ではプラクティスリーダーを務め、メガバンクの国内外拠点向けに規制対応ギャップ分析、業務構築、システム選定・導入、分析高度化などのプロジェクトを手掛ける。

中央大学卒業。法学士。

より良い社会の構築を目指すために

2001年9月11日に発生した米国同時多発テロは世界を大きく変えました。この事件の直後から金融機関で資金の流れを追跡することの重要性が注目され、テロやグローバル化する犯罪行為を防ぐための取り組みが強化されてきています。

私たちは最先端のデータ分析技術を駆使して、規制当局や金融機関がテロや犯罪を防ぐための砦(とりで)を築くことに協力しています。

尊い命がこれ以上奪われないよう防ぐことが、私たちの願いです。

お問い合わせ