Jay Nibbe
変革が市場を定義し続ける中、常にクライアント中心に動ける人は、企業の成長を加速させ、ディスラプションから価値を創造する立場に身を置けるのです。

Jay Nibbe

EY Global Vice Chair – Markets

ジェイ・ニビィ / イノベーティブかつ先進的な考え方で、EYの世界中のクライアントの目標達成をサポートする、EYの営業施策リーダー。新しいテクノロジーが大好き。ワイン造りも楽しむ。

EYのGTM(営業施策)アプローチを先導し、EYの全てのサービスライン、セクターおよび地域において、高品質なクライアントサービスを提供。この職務の一環として、グローバルインダストリー、グローバルソルーション、アライアンスパートナーシップ、マネージドサービス、デジタル、事業開発、EYのアラムナイ・プログラムを主導し管理する。

1985年にEYのメンバーファームに入社後は、数々の管理職を経験。現在の役職につく前は、EY Global Vice Chair – TaxとしてEYの税務戦略および運営のあらゆる側面を担当し、年間の総収入約89億米ドル、世界中で5万人を超える税務専門家を管理した。それ以前は、EY Global Executive最大のアカウントを代表するGlobal Accounts Committeeの会長を務めた。またEMEIA(欧州、中東、インド、アフリカ)エリアのデュプティ・マネージング・パートナーとして、EYのEMEIA市場のアジェンダ達成の責任者も担当。EY Americas Vice Chair Taxおよび、EY Americas Tax Managing Partner – Marketsとして従事した経験も有する。

国際経験が豊かで、ミネアポリス、モスクワ、ニューヨーク、ロンドンでパートナーとして活躍。ミネソタ州立大学ムーアヘッド校で会計学および財務の学位を、ミネソタ大学では企業課税の分野で修士号を取得。 

より良い社会の構築を目指すために

EYの中でも最大のアカウントを数多く担当し、新興市場の慣行にも積極的に取り組んでいます。現在US-Russia Business Councilの執行委員会と理事会に属し、またスコルコヴォ・マネジメント・スクール(モスクワ)の国際諮問委員会のメンバーでもあります。香港科技大学(香港)、インド・ビジネス・スクール(ハイデラバード)、そしてスコルコヴォ・マネジメント・スクールの教育機関のパートナーと共に、EYが支援する新興市場研究センター(IEMS)の会長も務めています。