発電の未来

> 電力・ガス

自家発電が経済的に現実なものとなるにつれ、電力会社が意義のある存在であり続けるためにはどうすればよいでしょうか?

電力会社の改革は待ったなしの状態にあります。家庭用太陽光発電や蓄電池システムが手頃で利用しやすくなると、オフグリッド・エネルギーのコストが中央集中型の電力と同等になり、自家発電が多くの人にとって選択肢となります。接続された分散型のエネルギー資源の最適化を通じて価値を開放し、必要とされる追加的な発電コストとインフラ・コストの一部を回避することによって、財務・ネットワーク・社会的に大きなメリットが得られます。

私たちは、この未来への対応をサポートします。私たちの洞察は、「プロシューマー」、すなわちエネルギーの供給者でもある消費者の台頭とローカルなエネルギー供給の急増に伴い電力・ガス会社が効果的に役割を担うためのサポートです。未来のオポチュニティーを開放するにあたって改革がいかに鍵を握るものであるかを紹介します。