EY Japan Symposium 2021 開催決定

2月17日(水) オンラインにて開催

お問い合わせ

EY Japan Symposium 2021については、こちらからお問い合わせください。
 

連絡する

混沌を生き抜く、新たな企業価値の模索 
- Reframe your Future –

2020年、世界は誰もが予期し得なかった環境に置かれることになりました。先行き不透明、かつ変化が目まぐるしい世の中を新たなチャンスと捉え成長につなげた企業がある一方、大きな打撃を受けた企業もあり、企業によって明暗が分かれる状況となりました。

EY Japan Symposium 2021では、「これからの日本企業が先行き不透明な世の中で生き残り、世界を再びリードし、企業の長期的価値を向上させ続けていくにはどう変わっていかなければいけないのか」をテーマとし、外部有識者の講演や議論を通じて、日本企業の新たなる企業価値は何かを考えてまいります。
参加のご希望は、お近くのEYパートナーにお声がけください。

 

(Chapter breaker)
EY

メインセッション

テーマ: 混沌を生き抜く、日本企業の将来展望と提言

混沌とした時代の中で、日本企業が抱える本質的な経営課題とは何か。経営課題をチャンスと捉え、日本企業が再び世界をリードするには何が必要なのか。グローバル、かつ長期的な視点を見据えながら、日本企業における成長の道筋を見出します。

本セッションでは、ハーバード・ビジネス・スクール教授のマイケル・ポーター⽒へのスペシャルインタビューをご覧いただき、ポーター氏による学術的概念「Creating Shared Value(共通価値の創造)」の観点から見た日本企業の課題と提言をお届けします。

続いてビジネスと政治学のスペシャリストをお招きし、ポーター⽒の講演を踏まえたパネルディスカッションを⾏います。
日本企業が現状抱える課題とは何か。日本企業が世界をリードし、企業の長期的価値を向上させ続けていくにはどう変わっていかなければいけないのか。

今後の日本企業の成長の道筋についてパネリストの知見を交えた意見交換を行います。

インタビュー

マイケル・ポーター 氏
ハーバード・ビジネス・スクール ウィリアム・ローレンス司教講座教授

著名な経営学者であり、研究者、執筆者、アドバイザー、講演者。これまでのキャリアを通じ、彼の経営理論や戦略論は、企業や経済、そして社会が直面する多くの困難な問題に影響を与えてきた。20冊の書籍を執筆し、130を超える論文を寄稿している。今日の経済学やビジネスの分野でその著書が最も頻繁に引用される経営学者。

インタビュアー

小林 暢子
EY Strategy and Consulting and EY Parthenon Managing Director and Partner


クロスボーダーを強みとする戦略コンサルタント&オピニオンリーダー。
EYパルテノンにおける日本チームの消費財セクターパートナーとして、戦略コンサルティングの立場からEYの提供価値を高める役割を担う。ストラテジー・アンド・トランザクションのみならず、幅広い国内・海外のサービスラインと協力し、外資および日系企業が直面する戦略課題に取り組む。

パネルディスカッション

パネリスト

渋沢 健 氏
シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役
コモンズ投信株式会社 取締役会長

複数の外資系金融機関でマーケット業務に携わり、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業し代表取締役に就任。
07年にコモンズ株式会社(現コモンズ投信株式会社)を創業、08年に会長に就任。
経済同友会幹事、UNDP(国連開発計画)のSDGインパクト運営委員会委員などを務める。
著書に「渋沢栄一 100の訓言」、「SDGs投資」、「渋沢栄一の折れない心をつくる33の教え」、他。

中林 美恵子 氏
早稲田大学教授
(元衆議院議員、元アメリカ連邦議会上院予算委員会補佐官)

大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程修了、米国ワシントン州立大学大学院政治学部修士課程修了。日本人として初めてアメリカ連邦議会・上院予算委員会の連邦公務員として採用され、約10年にわたり米国家予算編成に携わる。大学での教職、政府審議員、衆議院議員などを経て、現在は早稲田大学教授、米国マンスフィールド財団名誉フェロー。
近著に「沈みゆくアメリカ覇権~止まらぬ格差拡大と分断がもたらす政治~」(小学館新書)がある。

モデレーター

瀧澤 徳也
EY Japan Regional Accounts Leader / LTV推進室 Leader

EY Japanのリージョナル・アカウンツ・リーダー。本役職においてセクターとアカウントをけん引し、より良いクライアントサービスが提供できる体制を構築している。
また、2020年7月にLong Term Value推進室を設立し、リーダーを兼務。
公認会計士として、2006年からはEY新日本有限責任監査法人のパートナーを務める。1987年にEYのメンバーファームでキャリアを開始。1993年から1994年までは米国ニューヨークに拠点を置き、現地投資銀行の財務監査に携わった。2007年から2012年まで欧州においてJapan Business Services(JBS)を率い、欧州諸国でビジネスを展開する日本企業の成長を支援。

Special Guest Speech

原 晋 氏
青山学院大学 地球社会共生学部 教授、陸上競技部長距離ブロック監督

1967年、広島県三原市出身。
中国電力での営業マンを経て、2004年に青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督に就任。2009年に33年ぶりの箱根駅伝出場を果たし、2015年青山学院大学史上初となる箱根駅伝総合優勝に輝く。2020年の箱根駅伝では大会新記録で5度目となる総合優勝に導く。
主な著書に、『フツ――の会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(アスコム刊)などがある。

参加のご希望はお近くのEYパートナーにお声がけください。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。