租税政策と税務係争

企業には、租税政策の展開や将来的な係争の可能性を見通す力とともに、一元化したグローバルな戦略が必要となります。

租税政策と税務執行は常に変化しています。経済的、政治的圧力により租税政策と税務行政が変更され、それが市場や企業、顧客に影響を与えることは少なくありません。税の問題は国境を超えてつながりつつあり、ある国・地域における税負担などの変化がグローバルレベルで影響する可能性があります。

各国は現在、クロスボーダー事業への課税に関する新たな政策の策定と導入に連携して取り組んでいるところです。各国政府は納税者情報の収集と共有をより推進しています。その結果、税務争訟は1カ国の納税者対税務当局という二面的な関係から、多国間かつ多面的な関係へと変化しつつあります。

企業は、自社の人員、方針およびシステムが、このような変化についていけるよう対策を講じなければなりません。また租税政策の傾向を把握し、今後の展開の方向性を予測し、それを踏まえて税務対策と事業計画を取りまとめる必要があります。

EY GlobalのTax policy and controversyチームは、企業が相互に関連し合う環境に対応するための支援を行います。私たちは、租税政策の今後の展開について、はるか先の視点に立った考察を行い、世界各地の租税政策立案者とのやり取りをサポートします。税務当局と見解の相違が生じた場合、当局と企業との間で不可欠な橋渡し役を担い、グローバルに統合されたアプローチを実行し、税務争訟を解決するための支援を行います。

リスクを低減し、意思決定を強化し、コスト効率を向上させる上で有益な情報をご紹介します。

メールで受け取る

ニュースレターで最新情報をご覧ください。

登録する

2017-2018年税務リスクと税務係争に関する調査シリーズ

最新の調査では、税務当局の見解と、企業が取るべき税務リスクへのグローバルなアプローチ手法について掲載しています。#TaxRisk

詳細を表示

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。