1 分 2020年8月11日
駐車中の新車やワゴン車

新型コロナウイルス感染症がグローバルモビリティに与える影響:EY対応トラッカー

執筆者 Michael Bertolino

EY Global People Advisory Services Leader

Leader of growing, future-focused team of talent practitioners. Award-winner. Supporter of women in business. Extreme cyclist. Husband to Mensa-sharp wife and two thoughtful kids.

1 分 2020年8月11日

各国政府は、転勤者や出張者が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けていることを踏まえ、税金、社会保障、居住に関する規則を変更しようとしています。

Local Perspective IconEY Japanの視点

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により日本に一時帰国していた赴任者も、2020年8月現在、少しずつではありますが赴任地に戻る準備を始めているようです。
再赴任に際して、本トラッカーで最新情報を確認することが可能です。

 

EY Japan の窓口

藤井 恵
EY Japan Tax People Advisory Services Partner

新型コロナウイルス感染症のパンデミックへの対策として、世界中の政府が国境を封鎖し、国内の移動を制限し、入国者などウイルスに感染した可能性のあるすべての人に対して検疫を強化してきました。

その結果として、給与、税金、社会保障に関する法律を大幅に変更し、そうした対応により生じる経済的、物流的な課題に対処しています。

この対応トラッカーは定期的に更新され、検疫のため管轄区域内にとどまる場合には居住者判定から除外するという一時的な措置や、有給病気休暇および緊急医療休暇の税務処理の変更といった各国の動向を確認できます。国によっては個人の納税申告期限を延長したり、転勤者に対する源泉徴収や税金の支払いを一時的に軽減したりしています。また、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた個人や団体の納税遅延に対する罰則を免除し、一部の層の個人に生活保護補足給付金を支給している国もあります。

世界各国の状況を把握できるよう、主要なテーマを扱ったトラッカーを新たに開発しました。これらは、ウェブサイトの税務のメインページから閲覧できます。EYのプロフェッショナルは各国の状況の変化に応じて、トラッカーを定期的に更新しています。

サマリー

EY Taxの新型コロナウイルス感染症グローバルモビリティ対応トラッカーは定期的に更新され、世界各国の政府がどのように給与、税金、社会保障に関する法律を変更し、感染症対策が及ぼす人事異動への影響に取り組んでいるかを把握できます。

この記事について

執筆者 Michael Bertolino

EY Global People Advisory Services Leader

Leader of growing, future-focused team of talent practitioners. Award-winner. Supporter of women in business. Extreme cyclist. Husband to Mensa-sharp wife and two thoughtful kids.