1 分 2020年9月22日
woman taking photo of clothing with smartphone

新型コロナウイルス感染症拡⼤を受け、⽶国の州・地⽅⾃治体が進める税制措置

執筆者 EY Global

複数の強みや専門性を兼ね備えるプロフェッショナル集団

1 分 2020年9月22日

定期的に更新される本トラッカーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック拡大を受け、米国各州および地方自治体が講じる税制措置の最新動向を追跡します。

Local Perspective IconEY Japanの視点

米国で事業を展開する日系企業にとって、州・地方税法上の法改正や対策措置は重要性の高いインパクトをもたらす可能性があります。これらの多くは時限立法・時限措置となっており、ベネフィットを得られる期間は限られています。

在米日本企業各社は、事業拠点を有する各州・地方自治体の動向を常にモニターし、タイムリーに的確なアクションを起こす必要があります。

EY Japan の窓口

野本 誠
EY Japan Tax 国際法人税務アドバイザリー・リーダー 、トランザクション・タックス・アドバイザリー・リーダー、 商社セクター・リーダー、 エネルギー・マーケットセグメント・リーダー

EY Indirect Tax COVID-19 State Response トラッカーの⽬的は、新型コロナウイルス感染症対策に関連する州税・地⽅税・間接税の最新情報を提供することです。パンデミックに対する各州・地方自治体の対策税制の概要と税目ごとの詳細をご紹介します。感染拡⼤を巡る状況は⽇々変化するため、本トラッカーを定期的に更新して重要な動きに焦点を当て、どのようなアクションを採るべきかのヒントを探ります。

EYでは、世界各国の状況を把握するために主要なテーマに関するトラッカーを開発しました。これらは、ウェブサイトの税務のメインページから閲覧できます。EYのプロフェッショナルは、各国の状況の変化に応じてトラッカーを定期的に更新していきます。

本トラッカーは定期的に更新されますが、一般的な参考情報の提供のみを目的に作成されており、会計、税務およびその他の専門的なアドバイスを行うものではありません。

サマリー

EYの本トラッカーは、新型コロナウイルス感染症パンデミックに対する⽶国の各州・地⽅⾃治体による対策税制の概要をご紹介します。

この記事について

執筆者 EY Global

複数の強みや専門性を兼ね備えるプロフェッショナル集団