BEPS2.0税務対応支援サービス

> 税務

BEPS2.0の国際合意を踏まえ、グローバルに展開する企業は、より複雑化する税務コンプライアンスに対応するために、グループ全体での税務効率の向上と税務ガバナンスの再構築に早期に取り組むことが重要となります。

EYは、BEPS2.0対応と関連の国際税務コンプライアンス対応を一体として捉え、グループ法人にまたがる税務プロセス構築や税務プランニングの支援実施などにより、企業の税務ガバナンスの最適化をサポートします。

EYができること

EYでは、BEPS2.0対応と関連の国際税務コンプライアンス対応を一体として捉え、グループ法人にまたがる税務プロセス構築や税務プランニングの支援実施などにより、企業の税務ガバナンスの最適化をサポートします。

OECD(経済協力開発機構)が公表したブループリントおよび2021年以降の国際合意に基づき想定される制度を前提として、Pillar 2の影響度(税インパクトなど)を分析した上で、税務ポジション分析とアクションプラン提示を行います。

第1の柱

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。