4 分 2020年5月11日
ラップトップを使用してウィンターガーデンのラウンジに座っている女性

新型コロナウイルス感染症による納税期限、徴収、執行への影響を追跡する

執筆者

Rob Hanson

EY Global Tax Controversy Leader

Frequent lecturer on legislative and regulatory tax policy issues.

4 分 2020年5月11日
関連トピック 税務係争

定期的に更新されるEYのCOVID-19税務係争対応トラッカーは、関連する世界中の税務執行の変更を追うのに役立ちます。

Local Perspective IconEY Japanの視点

新型コロナウイルスに対して日本の国税庁が納税者への負担の観点から対応しているように、世界の税務当局もそれぞれ積極的に対応しており、その施策はさまざまです。グローバルに活動する多国籍企業にとっては、変化する税務当局の動向––納税延期などの納税者サービスだけでなく、税務調査の動向も含みます––を把握することはグローバル税務ガバナンスの観点からも不可欠です。

担当窓口

関谷 浩一
EY Japan Tax Policy and Controversy Leader

世界各国の政府は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって引き起こされる経済的損害から経済を守るために積極的に対策を講じています。減税、投資奨励措置、および税務行政の緩和措置は全て、都市封鎖、旅行制限、およびビジネスの閉鎖の財政的および経済的負担を軽減することを目的としています。

税務当局は世界中で数多くの取り組みを行っており、リストは日々更新されます。そのため、企業にとって動向を把握することがこれまで以上に重要になっています。これら全ての措置は、次のものを含めEYのCOVID-19税務係争対応トラッカーで追跡することができます。

  1. 税務行政:市場の流動性を高めることを目的とした対策、納税通知、税務申告、徴収および還付の要件の改訂
  2. 税務調査:一定期間の調査活動の停止、新たな租税債務の徴収は追って通知があるまで中断、即座に利用可能な柔軟な支払い方法
  3. 税務訴訟:訴訟手続きの一定期間の延長

このトラッカーは、提案中であるか既に実施されているかを問わず、税務行政の変更の最新情報の追跡に役立ちます。世界中の多くの国・地域をカバーし、トラッカーは定期的に更新されます。

EYは、租税政策トラッカー労働法トラッカーイミグレーショントラッカーなど世界各国の状況の把握に役立つトラッカーを開発しました。EYのプロフェッショナルが、状況の変化に合わせて、トラッカーを定期的に更新しています。

サマリー

定期的に更新されるEYのCOVID-19税務係争対応トラッカーは、パンデミックに対応した税務行政対応の定期的な更新を提供します。これには、申告と支払いの延期、税務調査の一時停止、租税裁判の延期などが含まれます。これら全ての緊急措置は、納税者が納税義務を果たすことへの支援を目的としています。

この記事について

執筆者

Rob Hanson

EY Global Tax Controversy Leader

Frequent lecturer on legislative and regulatory tax policy issues.

関連トピック 税務係争