TMTセクターにおけるエンタープライズ・オペレーショナル・エクセレンス

他社との競争と自らの組織運営、どちらがより大きな課題でしょうか。収益性を高め、将来の投資を支えるために、デジタルワークフォースを構築し、新たな効率性を生み出す方法をご紹介します。

TMT(テクノロジー、メディア・エンターテインメント、テレコム)企業は、今日のデジタル化された市場において次々と現れる新たな課題に直面しています。その結果、機動性の高い組織運営がますます重要となっています。顧客は自分が必要なものを自分が望んだタイミングと方法で手に入れたいと要求し、従業員は職場でも自宅と同様のシームレスなデジタル体験を期待しています。 

私たちは、オペレーティングモデルの再構築と収入源の拡大がそれぞれの企業に必要であると考えています。効率化を図り、これまでよりも幅広く包括的なスキルセットを持つ人材を育成し、これまで考えてみたこともなかった特別なナレッジやリソースを組み込む必要があります。

この変化する労働環境における組織運営についてのEYの知見を紹介します。