信頼される企業であるために

> TMT

目に見えないものへの信頼をどのように担保すればよいのでしょうか。TMT(テクノロジー、メディア・エンターテインメント、テレコム)企業は、規制当局が定める最新の方針を順守しながら、データ、ブランド、評判といった形のないものを守らなければなりません。

大規模なセキュリティー侵害、頻繁に変わる規制当局の方針、複雑なデジタルビジネス環境。こうした中で、企業はデータセキュリティー、コンプライアンス、レポーティング、デジタルタックス戦略を駆使し、常時リスクに対処する必要があります。これを怠ると、金銭的な損失をかぶるだけでなく、ブランドや評判に傷がつく事態を招きます。 

侵入される可能性から逃れることはできません。従って、次世代テクノロジーやソリューションを用いたあらゆる侵入者を排除するための対策はもちろん、侵入被害を最小限にとどめるための最重要情報の保護にも力を入れる必要があります。これがうまくできれば、攻撃者が情報にアクセスしても、企業やその顧客に害を及ぼす術はなく、なんのデータも得られずに退散することになります。

以下でご紹介する私たちのインサイトでは、リスクへの対処や最小化、信頼の確保に関するアドバイスをご説明しています。