EYができること

経済情勢により、企業は自らの財務健全性を正確に評価することを迫られています。最適な資本配分達成のため、単なる事業運営の検証ではなく、事業戦略と保有する資産ポートフォリオとの整合性を客観的に評価しなければなりません。

EYはお客さまと共に、以下の問いに対する答えを導き出します:

  • 資本はプロジェクト、機能、部門、顧客、および地域ごとに適切に配分されているか
  • 貴社の事業にとってどの資本最適化策が重要かをどのように見極めるか
  • 資本の最適化に関連する意思決定に必要な情報を得るために、シナリオモデリングやその他のリスク評価を使用するか
  • 経営判断および資本の振り分けが確固としたデータや根拠のある前提の上に成り立っていると証明できるか

貴社に最適な資本配分の設計を支援する方法: 

キャッシュ文化の広がり:企業は、損益だけではなく手元現金(およびキャッシュフローリスク)を注視する傾向を強めています。キャッシュフローの予測向上とともに、事業を支えるのに必要な運転資本の水準を最適にするため、業務慣行を評価することや、他の目的に使用できる余剰資金の解消も、そうした傾向の表れです。

企業の効率性:絶え間なく変化する事業環境を背景にコーポレートガバナンスの強化が求められており、効率性・合理性・透明性の高い企業になる必要があり、自らの法的構造の規模と複雑度を内部から検討し検証する組織が増えています。

先を見越したポートフォリオ管理:資本の振り分けは成り行きに任せてはなりません。投下資本利益率(ROIC)などの指標を計測し、それらの分野に自己のパフォーマンスを競合他社と比較する必要があります。企業の継続的なポートフォリオ分析は、現在適切な市場にいても、明日、最適な事業を予測するのに役立ちます。

Transaction Advisory Capital Agenda

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。