パフォーマンスの再構築

迅速な効果と、持続可能な成果を

新型コロナウイルス感染症がもたらす経営課題への対応をEYが支援します。この緊急かつ重大で複雑な状況においても、私たちは信頼されるリーダーシップを発揮することで、より良い未来に向けて皆さまが価値を回復・保全できるようサポートします。

EYができること

スピード感を持ってソリューションを提供します。株式公開企業か非公開企業か、政府機関か投資家または出資者かにかかわらず、私たちはクライアントの皆さまと緊密に連携し、価値の回復・保全から創造に至るまで、財務や業務パフォーマンス改革を実行重視の姿勢で進めてまいります。

実務経験に基づく知見と現場レベルでの支援を提供し、貴社が次の問いに答えられるようサポートします。

  • 状況をより細かく把握できる新型コロナウイルス感染症危機管理チームを立ち上げるにはどうしたらよいか
  • 高い流動性を確保しつつ、ファイナンスとオペレーション間の混乱による影響をいかに管理するか
  • 新型コロナウイルス感染症の影響から生じる潜在的なビジネスリスクを、どのようにより詳細に把握し、行動に移すための明確な提言をいかにするか
  • 事業を継続するにはどうしたらよいか
  • 救済や復旧の計画を立てるとき、誰に相談すればよいか。 その計画を支える資金の調達先を探し、ステークホルダーと交渉する際、誰にサポートを頼めるか

貴社が目的を達成するうでの必要なサポートを提供します:

  • 不測事態対応計画と支払い不能時のソリューション

    取締役や利害関係者に安心を与えるため、あるいは、出資者にとっては、行き詰まりを打開し、すべての当事者が合意に達するのを助ける信頼できる「杖」を作り出すための不測事態対応計画として大半のリストラクチャリングが「プランB(予備計画)」を必要とします。取締役と企業が、事業の継続について増大するリスクと難題に直面しているときは、正しいソリューションを策定し実行するための時間と場所、環境を創造します。

    経営者および出資者と協力し、事業の存続に脅威を及ぼす問題を破産法のもと認められている調整、保護、権能、および機動性を活用して対処します。不測の事態対応計画と支払い不能ソリューションを用い、信頼できる「プランB」によりリストラクチャリングへの合意する確率を高めることで、本来であれば達成できない救済を実現し、価値を保全・回復し、重要なサービスを安定化させ、雇用を守り、秩序ある撤退を実現することで、リストラクチャリングによるレガシーを創造します。

    詳しい内容を知る

  • 企業構造の簡素化

    グループ構造が、M&Aや合弁事業、内部成長を通じて次第に複雑化する場合があります。その結果、コストの増大に加え、リスク管理、事業運営の簡素化、透明性の向上、変化する規制の順守が難しくなることがあります。

    海外拠点の絞り込みを模索している大規模な多国籍企業から、ある目的のために特定の企業一社を構造から外すことを検討している規模の小さい国内組織まで、あらゆる形の組織を支援してきた経験があります。リストラクチャリング、税務、そして財務アドバイスに関する知識を結集し、「セットアップ」「グループの複雑度分析」「プログラム管理」「デューデリジェンス」「問題解決」「拠点解消」など法人簡素化の重要な項目において、法人構造の評価、合理化、および簡素化を進めるための支援をします。

    詳しい内容を知る

  • 流動性と運転資本の改善

    今日ほど「cash is king(現金がものをいう)」という格言が当てはまる時はありませんでした。活動的で混乱した市場、地政学的な不安定さ、ますます高まる企業の透明性が原因で、企業の流動性とキャッシュフローに対する圧迫感が強まっています。多くの経営陣が、短期的なキャッシュフローとそれを左右する運転資本の掌握に苦労しており、企業は市場や事業運営上の変化による影響を受けやすい状態になっています。

    株主価値の向上を模索している好調な企業から資金繰りに苦労している組織まで、私たちは、あらゆる状態の企業をサポートしてきた経験があります。「現金生成機会の特定」「キャッシュフローの予測」「高度なデジタル分析技法による可視性と統制」といった、確固とした運転資本の管理を構成する3つの主な要素を確立するお手伝いをいたします。

    詳しい内容を知る

  • リストラクチャリングや再建の主導

    組織のリストラクチャリングや再建は、事業運営上の要求に加えて多くの難題を伴います。例えば、対立する政策の整理や、選択肢を考案するための時間確保、情報が不十分なときにどの選択肢が正しいか判断すること、利害関係者の支持を維持するために圧迫感のある環境のなかで迅速に決定事項を実行することなどが挙げられます。

    私たちは内外の利害関係者による理解、支持を得て、それら関係者との調整を図ります。革新的な成果をもたらす一方で、当面の経営上のソリューションを提供できる行動に注力し、結果を出すのを後押しします。

    詳しい内容を知る

  • 利害関係者の価値の保全

    事業が不振に陥ったときや流動性不足、価値の目減りに悩まされると、利害関係者は素早い対応を迫られます。私たちは、急激に変化する環境のなか情報が不十分で、各種政策の合致が崩れ、信頼が低下したときもサポートをいたします。

    リストラクチャリングに関する助言、会社の存続性に関する批判的評価、利害関係者への対応、各種選択肢の分析、債務返済の優先順位分析(entity priority analysis)を通じて、価値を保全、創造、実現するためにすべての利害関係者と連携を図ります。

    詳しい内容を知る

  • 債務のリストラクチャリング、資本調達、M&A

    企業や利害関係者の価値を保全するため、資本構造や保有資産の再編が必要になることが多々あります。これを実現するため、財務のリストラクチャリングや債務管理とともに、非中核資産を処分し資本を新規調達するM&A活動に取り組む方法が多く用いられています。EYのプロフェッショナルには、利害関係者を分析して組織化し、交渉を重ね、最善のソリューションを実行してきた経験があります。

    Ernst & Young Capital Advisors, LLC(EYCA)は米国で金融取引業規制機構(FINRA:finra.org)に登録する証券会社で、債務リストラクチャリング、M&A、デット・キャピタル・マーケッツ、エクイティ・キャピタル・マーケッツの各分野におけるEYのプロフェッショナルと連携しながら、投資銀行サービスを提供しています。

    詳しい内容を知る

  • 業績の迅速な改善

    ほとんどの企業がいずれかの時点でほぼ例外なく、事業運営上の難題に直面し、不振に陥ります。根本的な原因は埋もれてしまうこともありますが、業績の下方修正や業績指標の低下、プロジェクトにおける節目の未達、顧客との契約喪失、経営者の辞職など、悪影響がはっきりと表れる場合もあります。

    企業が危機に見舞われているのか、あるいは事業運営上の難題に直面しているにすぎないのかにかかわらず、経営陣が最重要な課題を特定し、優先順位をつけ、事業の安定化を実現し、解決策について経営陣と利害関係者の意見の一致を取り付け、目に見える結果を素早く実現する支援をしてきた経験があります。

    詳しい内容を知る

  • プライベート・エクイティの価値創造

    現場主義の価値創造チームが、PE企業(およびスポンサー)が構想から最終結果までの現金化の加速と利益の改善を実現し投資方針を実現するお手伝いをします。私たちが得意とする状況にするため、複雑なカーブアウトや機能の転換、ストレスまたはディストレス時など、優先順位をつけます。

    詳しい内容を知る

価値の創造・保全・回復における税務の検討

重要な税務の検討と事業目的の均衡がとれたコマーシャル・トランザクションの実行について助言を提供します。もっと知る

困難な状況下、支援が必要な場合はお問い合わせください。

EYは、重要な問題提起を通じ、効果的な危機管理、事業のレジリエンス(回復力/復元力)と継続性を実現します。

2020年4月17日のウェブキャスト 「CEOの視点:新型コロナウイルスは企業の存在意義にどのような影響を与えるか」

視聴する

2020年3月19日のウェブキャスト「新型コロナウイルス感染症と回復力のある企業:不確実性を乗り越える方法」

視聴する

新型コロナウイルス感染症の影響に関するEYの最新の見解

ニュースレターで最新情報をご覧ください。

登録する

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。