トランザクションアナリティクス

> トランザクションアドバイザリーサービス

ビッグデータの洞察を明確化することで、トランザクションおよび資本戦略の判断を迅速かつ大規模に推進できるように支援します。

EYができること 

世界中のビジネスが前代未聞の量のデータを収集しています。データには体系的、非体系的なものが含まれますが、その規模と収集スピードは10年前には想像不可能でした。これらのデータを体系化して関連付け、ますます複雑化する今日のM&A環境下で実行可能な洞察へと変換できる企業が、ディール成立の競争力を獲得できるのです。

トランザクションライフサイクルの初期および主要ポイントで、また、資本戦略策定プロセスの一環として、EYのトランザクションアナリティクスはより深い洞察を提供し、数年前には不可能だった方法で価値を識別・明確化します。EYのコグニティブ・イネーブラーとアクセラレーターは、M&Aトランザクションと資本判断にアナリティクス、自動化、AIの指数関数的な威力をもたらし、問題点、機会、課題の明確化を助けます。一つとして同じ事業やディールは存在しないことから、EYはカスタマイズ可能なアプローチを採用しています。

トランザクション価値の増幅、ディールリスク軽減、買収ターゲット候補の識別、投資撤退によるベネフィット最大化などのあらゆる領域において、EYのトランザクションアナリティクスが即座に提供する洞察が、一層明確な理解をもたらし、ディール価値を最大化します。

経営幹部レベルへのアドバイザーとして豊富な経験を持つEYが、次の疑問への答えをサポートします:

  • 利用可能なあらゆるデータを活用して業績良好な事業・不振事業を識別し、ポートフォリオ戦略を強化する方法は?
  • より優れた企業財務判断を行い、関連外部市場および内部オペレーションの動向を反映して価値創造を強化する方法は?
  • 価値、相乗効果、リスクを判断し、計画通りのディール成果を確保するために、買収プロセス全体にアナリティクスを活用する方法は?
  • 売却希望資産の買い手と売却額を最大化するために、データとアナリティクスを最大限に活用する方法は?
  • 高度なデータサイエンス技術を用いて運転資本を削減し、短期キャッシュフローを引き上げる方法は?

EYが提供するケイパビリティティ:

  • ビジネスインテリジェンス:直感的かつ親和性のある操作で、あらゆるデータソースから洞察を得られるとともに、アナリティクスから読み取る情報の信頼性を確信できます
  • スマートデータディスカバリー:偏りのない深い洞察によって、種々の事由を解明します。また、オンデマンドの双方向リアルタイムフォーマットで、視野の内外にある適切なトリガーを発見できます。データを迅速に集約して新規インテリジェンスを作成し、新機軸への方向転換を今すぐ支援します
  • データサイエンス:データパターンを把握し、次に何が起こるかを予測するとともに、マシンラーニングを活用し、優れた洞察を迅速かつ大規模に導き出します

    お問い合わせ

    より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。