• Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter

炭素国境調整メカニズム(CBAM)と CSRD 欧州の気候変動政策の要点 “CBAM&CSRD- Key Points of European Climate Change Policy”

欧州委員会により発表された炭素国境調整メカニズム(CBAM: Carbon Border Adjustment Mechanism)、および企業サステナビリティ報告指令(CSRD:Corporate Sustainability Reporting Directive)について解説いたします。

2021年7月、欧州委員会より発表された炭素国境調整メカニズム(CBAM:Carbon Border Adjustment Mechanism)では、EU域内に輸入される一定の物品に関して、EUの炭素価格基準によるコストの負担を輸入者に求める新しい規制案を盛り込んでいます。また、同年4月に提案された企業サステナビリティ報告指令(CSRD:Corporate Sustainability Reporting Directive)では、対象となる企業および子会社に対し、環境や人権などのサステナビリティ関連事項に与える影響や開示情報を特定したプロセスなどについて、より詳細な報告要件を導入する動きがみられています。

本セミナーでは、現場のコンサルタントからこれらEUの最新の動きをご報告するとともに、EYがご提供するサービス・ツールに関してのご紹介を行います。

プログラム:

16:30~16:40 開会のごあいさつ

EY Japan CCaSSリーダー プリンシパル 牛島 慶一

16:40~17:10 メインスピーチ① CBAM

EY オランダ グローバルトレード シニアマネージャー Martijn Schippers
EY ヨーロッパ 税務日本デスク シニアマネージャー Joris van Huijstee

17:10~17:35 メインスピーチ② EY Taxソリューション

EY 税理士法人 インダイレクトタックス部 パートナー(税理士) 岡田 力

17:35~18:20 メインスピーチ③ CSRD reporting

EY CCaSS パートナー Joost Waals
EY EMEIA ESG Initiative Leader  Dr.Christian Orth

18:20~18:30 閉会のごあいさつ

EY 税理士法人 インダイレクトタックス部リーダー パートナー 大平 洋一

登壇者:
Dr.Christian Orth

Dr.Christian Orth
Partner at EY | EMEIA ESG Initiative Leader + Europe West IFRS Desk Leader

EMEIA(欧州、中東、インド、アフリカ)におけるEY ESG/CSRDのリーダー。EY Germanyにて監査法人の専門業務グループをリード。 品質保証と職業基準に関する監査およびアドバイザリーサービス(IFRSなど)を専門とする。マンハイム大学にて経営学博士号を取得し、経営学講座(監査学)研究助手等を務めた。

Joost Waals

Joost Waals
Partner at EY | Climate Change and Sustainability Services (CCaSS)

EY CCaSS パートナー。監査業務において25年以上の経験を有する。EU大企業のサステナビリティ報告に関する豊富な保証経験を持ち、CSRDやEUタクソノミの導入・準備に関するアドバイスも行っている。EYサスティナビリティサービスのハブとして、日本企業の欧州事業における監査に幅広い経験を有する。

Martijn Schippers

Martijn Schippers
Senior Manager – Global Trade, EY the Netherlands

EU関税法およびEU物品税を専門とする税理士。オランダ・ロッテルダムを拠点とする。エラスムス大学法学部で税法と会社法を学び、関税評価の博士号を取得。同大学でEU関税法の助教授も務める。クロスボーダー取引におけるVATの適用についても深い知識を有している。

Joris van Huijstee

Joris van Huijstee
Senior Manager International Tax Services EU / Dutch tax desk in Japan

EYの国際税務プラクティスのシニアマネージャー。日本におけるEU・オランダ税務デスクを務める。日本の多国籍企業に対し、EUにおける将来および既存の投資に関するアドバイスを行っている。ティルブルグ大学で税法の修士号を取得。オランダ税務アドバイザー協会のメンバー。

岡田 力

岡田 力
EY税理士法人
インダイレクトタックス部 パートナー(税理士)

大手物流会社にて通関士として勤務後、某大手税理士法人を経て、EY税理士法人へ入社。約20年間、日系および外資系企業の国内外取引に係る関税および消費税の税務アドバイザリー業務に従事。著書に『M&Aを成功に導く 税務デューデリジェンスの実務』(共著、中央経済社) 他

大平 洋一

大平 洋一
EY税理士法人
インダイレクトタックス部リーダー/パートナー

アジア太平洋地域およびEY Japanの間接税リーダーとして、アジア太平洋地域のグローバル貿易税および付加価値税の管理を担当。豊富な実務経験を生かして、移転価格評価との調和、サプライチェーンマネジメントの最適化、デューデリジェンスやなど、幅広い専門分野においてサービスを提供。

牛島 慶一

牛島 慶一
EY Japan
CCaSSリーダー/プリンシパル

EY Japanにおける気候変動・サスティナビリティサービス(CCaSS)のリーダーとして業務に従事する傍ら、環境省中央環境審議会委員、東北大学大学院非常勤講師なども務める。グローバルなスタンダード形成に関与しながら日本企業の持続可能なビジネスモデルの構築に尽力。

ウェブセミナー視聴お申し込み

※ご出席を希望される方は「登録」からお申し込みフォームにてご記載願います。
※フリーのメールアドレスでのご登録はできません。
※コンサルティングファームなどの同業他社、同業者のお申し込みはご遠慮願います。
※プログラム・講師は変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
ウェブセミナー視聴のトラブルシューティングはこちらからご確認ください。

お問い合わせ

EY新日本有限責任監査法人 CCaSS事業部

E-mail

プレゼンター

EY 新日本有限責任監査法人
グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人

ウェブキャスト

オンデマンド視聴期限:2023年3月31日

時間 現地時間

企業の気候変動対応と気候関連情報開示

企業はなぜ、気候変動に備えなければならないのでしょうか。 

詳細ページへ

持続可能な開発目標

国連の持続可能な開発目標を達成する上で、企業は非常に大きな役割を果たします。 

詳細ページへ

企業会計ナビ

EY Japan イベント・セミナー


EY Japan では、アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクション、業種別などに関するさまざまなイベント・セミナーを開催しております。

一覧ページへ