The Disrupters:リフト(Lyft)、オラ(Ola)をはじめとする企業が自動車業界に起こす急激なトランスフォーメーション

18 分 2018年4月4日
執筆者

Economist Films

Native news outlet

Economist Films is a video initiative launched in 2015 to truly express The Economist brand within moving image.

18 分 2018年4月4日

カーシェアリングから自動運転車まで、自動車業界は新しいアイデアと新たなコンペティターがもたらすディスラプションに対処しています。

The Disrupters では世界で最も確立された業界が直面する、変化というプレッシャーを探求しています。

The Disrupters について

成功する企業はどのように進化し、脅威をチャンスに変えているのでしょうか?今日私たちが消費する3分の2のものは、25年前には存在していませんでした。変化や廃退、リニューアルのペースはいまだ加速し続けています。産業全体が、開放、イノベーション、自己改革というこれまでにない難題を突きつけられています。「The Disrupters」では、難題に挑戦するスタートアップ企業と、それらのスタートアップ企業を撃退するというミッションを課された既存企業という、歴史の両側にいる関係者にインタビューします。彼らが直面する破壊的な変化の不安定で絶え間ない様相を体験し、そして不確実さと変革的な可能性との両方を味わっていただけると思います。

未来の車-テクノロジーとアプリが、乗るだけで運転不要の車を実現

自動車は世界で最も活用されていないアセットです。そして、自動車業界は地球上で最もディスラプションを起こしやすいと考える人もいます。このドキュメンタリーでは、リフトとオラ、そしてインドのような新興市場のカーユーザーの間で両社が果たした急成長に注目し、シェアリングエコノミーのディスラプティブな力を解き明かします。

世界の最大手自動車メーカーたちがどのような対応を迫られ、そして生き残るために、どのようにして思い切ったイノベーションに踏み切ったのかを探ります。カーシェアリング(そしてバイクシェアリング)プログラムから自動運転車、運転がほとんどおまけになるようなテクノロジーとエンターテインメントの空間へと車のイメージを一変させることまで、大手メーカーは、あらゆる手だてで新参者の成功を阻もうとしています。

一世紀前、フォード・モーター・カンパニーは元祖ディスラプターの1人でした。同社のMark Fields現CEOが、今、この立場の逆転をどのように感じているかを語ります。物語の舞台はデリーからデトロイトへと移り、自動車メーカーが最大のディスラプターのホームグラウンドであるシリコンバレーで開業する様子を描きます。

一方、スタートアップ企業とテクノロジー大手は輸送分野に飛び込んできました。オラのような企業のおかげで、自家用車を持たずに車をますます簡単に利用できるようになりました。また、テクノロジー企業は自動運転車によって自動車旅行という概念が持つイメージを一変させました。自動車業界は急激なトランスフォーメーションの時期を迎えようとしています。

 

この映画、記事はEYの後援の下でEconomist Filmsが作成したものです。

サマリー

リフトやオラなどの企業との新たな競争を目の前にして、自動車業界は急激なトランスフォーメーションの時期を迎えようとしています。

この記事について

執筆者

Economist Films

Native news outlet

Economist Films is a video initiative launched in 2015 to truly express The Economist brand within moving image.